倉林です。

 
 

今日はFacebook広告のセミナーを受講した後、

秩父へ。

 
12月3日は秩父夜祭なので、

もう駅周辺は準備が進んでいますねえ。

 
いい感じ!

 
 

さて、

今日は何だか久しぶりに

知らない人ばかりのセミナーに参加した気がします。

 
13時から18時までの5時間だったのですが、

あっという間でした。

 
 
それはなぜかというと、

「隣の人とのシェアタイム」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

が何度もあったからです。

 
 
新しい情報のインプットばかりだと、

脳が疲れてきます。

 
隣の人とのシェアタイムがあることで、

定期的にガス抜きできます。

 
さらに、

自分の考えをまとめて

相手に伝える中で

自然と理解が深まりますし、

(ある程度理解していないと喋れない)

 
相手の意見も聞けるので

またさらに理解が深まります。

 
 
それと、

聞くだけだと受け身になりがちですが、

話すと主体性が増して、

積極的に情報を取りに行こうという姿勢になります。

 
シェアタイムで話す中で、

「ここがよく分かっていない」

「ここをもっと知りたい」

と思うからではないかと思います。

 
 
情報やノウハウを提供するタイプのセミナーを

行っている方は、

ぜひシェアタイムを取り入れてみてくださいね。

 
合間にちょこちょこシェアタイムをはさむと、

理解度が増しますし、

参加者の姿勢が積極的になります。

 
かなりやりやすくなるはずです。

 
シェアタイムは

1回あたり3分くらいでOKです。

 
 
一方、

バックエンド商品を売るための

フロントエンドセミナーだったら、

隣の人とのシェアタイムは

なくてもよいと思います。

 
(やってみると分かりますが)

セールスのための場の空気感を

作りにくいからです。

 
この点は要注意です。

 
 
今回は隣の人とのシェアでしたが、

セミナーによっては

4名とか6名のこともあります。

 
個人的には、

2名がいいかなあと思います。

 
あまり人数が多いと、

喋りたがりの人ばかり喋ったり、

何も喋らない人も出てきやすいからです。

 
2名だったら、

どちらか一方だけが喋りまくる

という状況にはなりにくいようです。

 
 
一見すると、

4名や6名の方が盛り上がっていそうに

見えますが、、、

そう見えるだけです(笑)

 
本題と関係のない雑談で

盛り上がっていることもあるし、

一部の人だけが盛り上がっているのかも。

 
それよりは、

理解度が増す方がよいですからね。

 
 
セミナーの他、

勉強会や読書会でもぜひやってみてください!

 
 

あなたは、シェアタイムを設けていますか?

(インプットだけにしていませんか?)

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

12月3日に秩父夜祭に来られる方は、、、

電車も自動車も大混雑するので

心してお越しください(笑)

 
 
====================
<PR>

Facebook広告オンライン勉強会
「たまご会」

月3,000円でFacebook広告の
最新事例を学べます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ