倉林です。

 
 

今日は朝から打ち合わせが4件連続。

アタマが筋肉痛な感じ(笑)

 
 

さて、

今日は新しいセミナーの

コンセプト作りの打ち合わせを行いました。

 
「どんなことが得られるのか?」

「どんないいことがあるのか?」

を話し合っていて、

「これはいいね!」

と自画自賛するコンセプトが出来上がりました。

 
 
なのですが、、、

何だか「弱い」感じがしたのです。

 
押しが弱いという意味ではなくて、

押されたら弱い(もろい)という意味です。

 
 
「とてもいい感じだけれど、アヤシイ」

という感じ。

 
いいことばかり書いてあって、

「本当かよ!?」と。

 
 
今回はまじめなセミナーのコンセプトを

考えていたのですが、

詐欺的な投機案件だと言われたら

そう見えてしまうコンセプトなのでした…。

 
(誰でもすぐにラクして稼げそうに見える)

 
これが弱さの正体です。

 
表面的で、いいことしか書いていないから、

土台がないんですよね。

 
 
どうしたらいいのかと言えば簡単で、

「デメリット」

「望む成果が得られないのはどんなときか」

も併せて考えればOKです。

 
あまり見せたくない部分も考えておく
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

わけです。

 
その上で、対策を考えます。

 
 
例えば、

「自分で卵のカラをむくのが面倒」

がデメリットだとしたら、

「前もって卵のカラをむいてあげる」

とか。

 
 
あまりやらない方が多いのですが、

ぜひ

「デメリット」

「望む成果が得られないのはどんなときか」

などの

あまり見せたくない部分についても

議論してみてください。

 
「強いコンセプト」が出来上がりますから。

 
 
このプロセスをサボると、

どうしてもあやしく見えます。

 
あるいは、

他の商品やサービスと同じに見えます。

 
 
自己紹介(自己PR)でも同じです。

 
いいところばかりを並べたら

逆にあやしく見えますし、

名前を自身ではない誰かの名前に差し替えても

伝わってしまうとしたら、、、

それは自己紹介にはなっていません。

 
 
実は自分があまり見せたくないなあと

思っていることが、

印象に残るポイントかもしれません。

 
「卵はよく食べるけど、

実は生卵はそんなに好きじゃない」

とか(笑)

 
 
この点を隠して

「卵が大好きです」

とだけ言うと、

なんだかおかしいなとバレます。

 
「生卵があまり好きではないと言ってしまうと、

そもそも卵好きなのか?と疑われそう…」

と思って

隠すのかもしれませんが、、、

どうせすぐバレます。

 
人間の勘は鋭いので(笑)

 
 

あなたがあまり見せたくないのは何ですか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

ちなみに、僕は当初から

「半熟専門」と言っております…(笑)

 
 
====================
<PR>

Facebook広告オンライン勉強会
「たまご会」

月3,000円でFacebook広告の
最新事例を学べます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ