倉林です。

 
 

今日は銀座「ダズル」でランチ会!

ステキな空間でした ^-^

 
何枚か写真を載せたので、見てみてください!

https://achievus.appassionato.co.jp/wp/2018/09/8173.html

 
特別な会合のときにいいかも!

 
 

さて、

僕たちは

「これやってみたいなあ」とイメージするときは

他人目線でイメージして、

「これはイヤだなあ」とイメージするときは

自分目線でイメージしがちです。

 
 
例えば、

「世界中を旅して、

各地の卵料理を味わいながら

仕事できたら最高!」

だとイメージするとき、

ほとんどの方は自分事になっていません。

 
「え!?」

と思われるかもしれませんが、、、

第三者目線になっていることが多いのです。

 
卵料理を食べている姿を

離れたところから眺めているイメージをしませんでしたか?

 
それは第三者目線ですよね。

 
卵料理を食べている人=よく分からない誰か

離れたところから眺めている人=自分

です。

 
自分が主役ではなくて

脇役か観客になっています。

 
 
自分の未来をイメージしているはずなのですが、

「卵料理を食べているのは誰やねん!」

と(笑)

 
これでは、ただ映像を眺めているのに近くて、

あまりリアルではありません。

 
遠くの国にいる、自分とは異なる誰かが

演じている…

そんな感覚です。

 
 
逆に、、、

「満員電車はイヤだなあ」

と思っているときには、

すんごいリアルなイメージでしょう。

 
「うわ、足を踏まれた!」

「割り込まれた!」

「眠い…」

と、自分が体験している目線になります。

 
自分が演者として体験しているはず。

自分事になりまくりです。

 
思い出してイライラしてきたり、

心拍数が上がるかもしれません…(笑)

 
 
これを意識して

逆にしてみたらどうでしょうか?

 
「これやってみたいなあ」とイメージするときは

自分目線でイメージして、

「これはイヤだなあ」とイメージするときは

他人目線でイメージします。

 
 
実際にやってみて頂きたいのですが、

動きたくてたまらなくなる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

かと思います。

 
 
未来のビジョンや夢を描いて

いつもワクワクしている人は、

おそらくこんなイメージの仕方をしています。

 
「卵料理を食べている人を

離れたところから眺める自分」

ではなくて、

「卵料理を食べて笑顔になり、

ゴキゲンになっている自分」

です。

 
そりゃあ動きたくなりますよね!

 
 
「やりたいことがあるけど、

なかなか動けない…」

という方は、

(離れたところから眺めるのではなく)

自分が体験している感覚を

イメージしてみたらよいかと思います!!!

 
なかなか感覚がつかめないかもしれませんので、

何度もやってみてくださいね!

 
 

あなたは、誰目線でイメージしていますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Webしくみコンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

北海道は大変なことになっているもようですね。

一緒に仕事している方も北海道で被災されました。

 
たくましくFacebookで実況中継していましたが、

バッテリーがもったいないのでは…(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ