倉林です。

 
 

今日は打ち合わせの合間をぬって

大宮八幡宮に。

 
「東京のヘソ」と言われているみたいです ^-^

 
 

さて、

明日も東京駅近くで

Web集客セミナーをやります!!!

 
直前ですが、よかったら。


https://peraichi.com/landing_pages/view/lpfbsemi

 
 
このセミナーで何度もお伝えするのが、

「マーケットに聞く」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

という考え方です。

 
 
「これ売れますかね?」

と他人に聞きたくなる人は多いのですが、、、

あまり意味がないんですよね。

 
明らかに売れない場合はよく分かります(笑)

 
だいたい共通点があって、

誰のための商品なのか、

どんなことを解決できるのか、

何ができるのか、

ボヤけていてよく分からないからです。

 
 
そうではなくて、

ある程度ハッキリしているのなら

「売れるかもしれないし、

売れないかもしれないし…」

断言できないのです。

 
自分には必要ないけど、

他の人には必要かもしれない場合には

断言できないのです。

 
 
こんなときは、

もう売ってみるしかありません。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
いきなり本格的に売らなくていいですが、

反応を見るために

小さく売ってみるのがオススメです。

 
試作品を作って売ってみるとか。

 
 
このように、

あまり負担のない範囲で

小さく売ってみることを

「マーケットに聞く」

と表現しています。

 
売ることは売るのですが、

売上を上げるために売るのではありません。

 
売れるかどうかを確かめたり、

改善点を探すために

売ってみます。

 
 
「マーケットに聞く」ために売る、

というと、

何だか手を抜いているように見えるかもしれませんが、、、

ちゃんと売りますよ。

 
ただお金をかけて大々的にやる手法ではない、

というだけです。

 
 
例えば、

講座をやるとしますね。

 
いずれは数十名でやるとしても、

まずは数人で始めるとか。

 
いずれは業者に発注したテキストを使うとしても、

まずは、

テキストなしでやったり、

自分で簡易テキストを作ったりするとか。

 
会場も自宅でよいかも。

 
 
いきなり本格的に売ろうと思っても、

なかなか売れないことがほとんどです。

 
普通の精神の持ち主は

まあ落ち込みますよね。

 
まずは

「マーケットに聞く」

と意識しておけば、

そんなに落ち込むことはないでしょう。

 
 
仮に売れなかったら、

マーケットに聞いてみたけれど

「売れなかった」

という返事が返ってくるだけ。

 
「じゃあ、これはどうですか?」

と改善してから

またマーケットに聞いてみればOKです。

 
 
この繰り返しで、

徐々に売れるようになっていきます。

 
マーケットへの聞き方がうまければ、

すぐに売上が上がります。

 
勘や経験だけに頼っていては

なかなか再現性がありません…。

 
 
ぜひ「マーケットに聞く」ことを

意識してみてくださいね!

 
 

あなたはマーケットに聞いていますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

なぜかパソコンを持って大宮八幡宮に出かけたので

荷物が重くて大変でした…(笑)

 
 
====================
<PR>

Facebook広告オンライン勉強会
「たまご会」

月3,000円でFacebook広告の
最新事例を学べます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ