倉林です。

 
 

「Webから集客したい」という方を

お待ちしています!


https://peraichi.com/landing_pages/view/lpfbsemi

 
 

さて、

この話をすると

よく驚かれるのですが、、、

 
「Facebook広告を出してみたい」

という方であっても、

僕はお断りをすることがあります。

 
「え!? くらさんの売上が上がるのに?」

と思うでしょうが、

お断りすることがあります。

 
 
ビジネスの流れができておらず、

 
Facebook広告を出しても

ただお金をFacebook社に寄付するだけで終わりそう…

という場合です。

 
例えば、

「まだLPがない」

「これまで紹介でやってきたので、

新規客に販売したことがない」

「お金をあまりかけたくない」

「広告を出せば売上が上がるだろう」

という場合です。

 
 
このような状況で広告を出しても、

売上につながりません。

 
起業したての人でも、

起業して何年も経っていても同じです。

 
 
まずは少額で広告を出してみて、

「マーケットの声を聞く」

という目的だったら、

広告を出すのもアリですよ。

 
そうではなくて、

(ビジネスの流れができていないのに)

「すぐに売上が欲しい」

ということでしたら、

これはもうFacebook社への寄付となるのが

目に見えています…(笑)

 
 
ただね、、、

 
「ビジネスの流れができてから

お申込みください」

などと言ってみたところで、

伝わりにくいのです。

 
流れができていない人ほど、

「流れって何!?」

と思いやすいからです。

 
 
ですので、

他の言い回しを使う必要があります。

 
こんなときは

やっぱり「数字」が分かりやすいです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
僕の場合には、

「初期費用10万円、広告費1日1万円」

を掛けられるかどうか

で判断してもらっています。

 
ビジネスの流れができていない人には

この条件はハードルが高すぎると感じますが、

これがいいのです。

 
 
かつては初期費用は無料でしたし、

広告予算も明示していませんでした。

 
このときは

色んなレベルの人が来てしまいました…。

 
結果、お互いに疲れてしまうことが多かったと

思います。

(失礼しました)

 
今は当時と比べたら

はるかにやりやすいです。

 
おそらくお客様も同じでしょう。

 
どうせだったら、

お互いにラクな方がいいですよね。

 
 
「あらゆる人に来て欲しい」

と思うのならよいのですが、

そうではないのなら、

あえてハードルを高くするのもアリです。

 
「ハードルを高くするのはちょっと…」

と思うかもしれませんが、

妄想は自由ですからね(笑)

 
まずは色々と妄想してみましょう!

 
 

あなたのお客様になるハードルを上げたら

どうなりますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Web広告コンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

今日も神社を参拝してきました。

3箇所も(笑)

 
2冊目の御朱印帳もすぐに終わりそうです ^-^

 
 
====================
<PR>

Facebook広告オンライン勉強会
「たまご会」

月3,000円でFacebook広告の
最新事例を学べます!


https://academy.tamago.love/lp/
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ