倉林です。

 
 

今日は久しぶりに東京の神社へ。

 
稲荷鬼王神社
http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/shinjuku/5427/

 
たまたまお祭りだったみたいで、

参拝しているすぐ後ろで漬物を売っていました(笑)

 
気が散る…(笑)

 
 

さて、

僕がエンジニアとして活躍(笑)

していたころ、

「作らない開発」

がよく話題になっていました。

 
「いやいや、

作らないと開発にならないでしょ!」

と思うかもしれません。

 
丁寧に言うと、

「手を動かさない開発」

「人力でやらない開発」

です。

 
 
最近ですと、

「3Dプリンタ」が流行っていますよね。

 
あれは、

設計図を取り込めば

自動で作品ができあがります。

 
「作らない開発」も、

ちょうどそんなイメージです。

 
設計図を作れば

あとはコードを出力してくれる

ということです。

 
 
「作らない開発」では、

問題があったら設計図を直せばOKです。

 
一方、コードを自分で書く開発では、

設計図を書いた後に

さらにコードを書くわけですから、

問題があったら

両方をチェックしないといけません。

 
設計段階で問題があったのか、

設計図からコードを書くときに

問題があったのか。

 
忙しい時期に問題が起こると

地獄絵図です…(笑)

 
 
こう考えていくと、

「作らない開発」は

トータルの作業時間を減らせるので

かなりいいのではないかと

思えてきます。

 
 
が、

実際にはほとんど導入されませんでした(笑)

 
大きな理由は、

「これまでのやり方を捨てて

新しいやり方に変えるのが面倒」

だからです。

 
他にも、

「そもそもコードを自分で書きたいから

この職業を選んだのに」

「締切が近くならないとやる気が出ないから

コードを書くのを頑張るのはいいけど、

設計の段階から頑張るのはイヤ」

なんて理由もありそうです(笑)

 
 
では、

「作らない開発」

は実際には使えないのかというと、

そんなことはありません。

 
初めてスマホアプリを開発する方には

とっても便利で魅力的ですよね。

 
だって、

英語のような暗号のような言語を覚えなくても

いいわけですし、

何年も経験を積まなくてもよいのですから。

 
簡単なアプリなら

ドラッグ&ドロップでできます。

 
80代の女性がiPhoneアプリを開発できたのも、

この恩恵を受けているのかと思います。

 
(若宮正子さんで検索してみてください)

 
 
学習したり、経験を積むのは

ステキなことです。

 
ただ、

学習しないとダメでもないし、

経験を積まないとダメでもありません。

 
「作らない開発」のように

新しい考え方ややり方を受け入れないといけない

わけでもありません。

 
 
自分がやりたいことと
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

それ以外(どうでもよいこと)とを
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

分けて考えてみたら、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

何を選ぶのかが決まるかと思います ^-^
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
 

あなたがやりたいこととそれ以外とを

分けて考えていますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Webしくみコンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

Facebook広告の審査が

非常に厳しくなっております(汗)

 
よく見かける「3ヶ月で100万円稼げました」

みたいなのは即NGです。

 
煽り系が淘汰されていくのはよいと思いますが、

水面下にもぐって分かりにくくなるのかも。

 
今まで以上にご注意くださいね。

 
 
====================
<PR>

【オンライン勉強会】
Facebook広告オンライン勉強会
「たまご会」募集中!
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1799918390062588&set=a.190590364328740&type=3&theater
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ