倉林です。

 
 

昨日・今日と急に寒くなりましたね。

 
つい薄着で過ごしてしまって

何だかパフォーマンスが落ちた気がするので

1枚多めに着ております。

 
僕は状態や環境に左右されやすいので、

すぐに手を打つようにしています ^-^

 
暑がりでもあるので

なかなか調整が難しい…(笑)

 
 

さて、

起業しようとするときに

よく障害になるのが、

「周りに合わせてしまう」

「業界の常識にならってしまう」

ということ。

 
例えば、

「業界では相場が◯◯円だから」

「大手の有名企業がやっているから」

「◯◯するのが常識」

「△△はフツーやらない」

などなど。

 
参考情報として、

「ああ、そんな感じなのね」

と受け流すのならアリです。

 
あるいは自分で判断したのなら

アリです。

 
が、

つい従ってしまうのは

NGです。

 
 
何の意図もなしに

つい従ってしまったなら、

見込み客からは

「他と一緒」

に見えてしまいます。

 
ということは、、、

金額だけで判断されやすくなります。

 
見込み客には金額しか

判断できる材料がありませんからね。

 
 
こんな状態で、

金額「だけ」を上げようとしても

非常に難しいです。

 
「高い!」

と言われるのがオチです。

 
 
だから、

あえて

「異端」
 ̄ ̄ ̄ ̄

と言われそうなくらい

やってしまうのがよいでしょう。

 
もっとも、

「異端」と言ってくるのは

見込み客やお客様ではありませんけどね。

 
業界に詳しい人だけです。

 
つまり、

同業者か自身かです。

 
見込み客やお客様には

異端かどうかなんてどうでもいいんですよね。

 
そんな観点で見ていませんから。

 
 
異端だと言われるくらいの方が

むしろ正解なのかもしれませんね。

 
同業他社が当たり前にやっていることを

あえてやらないとか、

同業他社がやらないことを

あえてやるとか。

 
 
例えば、

床屋なのにヒゲをそらないし

シャンプーもしない「QBハウス」。

 
同業がやっていることを止めて、

市場のココロをつかんでいます。

 
 
普段の生活の中でも

観察してみると色々と発見があります。

 
セミナーや教材にお金をかけなくても、

普段の生活の中から

学び取ろうとする姿勢がオススメです。

 
つい悪者にされがちなテレビも、

学びの材料の宝庫です。

 
 

あなたの業界で「異端」とされることは何ですか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Webしくみコンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

そういえば、

先日、秩父名物「みそポテト」味の

ポテトチップスを食べました。

 
絶妙に甘いみそ味で、

たしかにみそポテトの感じ…(笑)

 
秩父にお越しの際はぜひお土産に。

 
 
====================
<PR>

【オンライン勉強会】
Facebook広告オンライン勉強会
「たまご会」募集中!
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1799918390062588&set=a.190590364328740&type=3&theater
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ