倉林です。

 
 

「ハズキルーペ」のCMが面白いと教えて頂き、

早速見ました。

 
これは確かに面白い!

検索してみてください ^-^

 
 

さて、

今日はFacebook広告オンライン勉強会

「たまごアカデミー」でした。

 
広告の話もしましたが、

他のお話も多めでした(笑)

 
ただ、「LTV」の考え方など、

かなーり重要なお話ばかりです。

 
たまごの話とかしていませんよ!(笑)

 
 
広告の勉強会ではありますが、

広告だけではダメなんですよ。

 
以前にも書きましたが、

ビジネスの流れが出来上がっていないのに

広告を出すと痛い目にあいます…。

 
「広告を出せば売上が上がる」

は都市伝説ですからね。

 
 
今回は、

広告(特にWeb広告)を出すときの

重要な考え方をご紹介しますね。

 
 
それは、

「すぐに売ろうとしない」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ということです。

 
 
何も知らない人に

すぐに買ってもらおうとすると、

どうしても煽り気味になります。

 
期間限定ですよ!とか、

残り◯個ですよ!とか、

これで解決できますよ!とか。

 
「お、これなんだろう?」

くらいのノリで広告をクリックしただけなのに、

あまりにグイグイ来られたら引きますよね。

 
ですので、

初めての人に表示される広告やLPは、

まず知ってもらう・理解してもらうのがよいかと。

 
よくあるのは、

資料請求です。

 
いきなり売らない。

まずは資料請求してもらうことに

フォーカスします。

 
これなら煽る必要もありません。

 
 
それで、

資料請求した人には

もっと詳しい情報を個別に送ればいいし、

もっと詳しい情報を公開しますよ

という広告を出せばOK。

 
初めての人には濃すぎる情報でも、

いったん資料請求した人ならOKです。

 
 
資料請求ページにアクセスしたけれど

申し込まなかった人も

そのまま放置はしません。

 
しばらくは資料請求ページに誘導する広告を

出します。

 
 
初めての人にも

すぐに買ってもらえそうな商品やサービスなら

ここまでしなくてもよいですが、

 
他との違いが分からなかったり、

高額な場合には、

ぜひステップを踏んでもらうのがオススメです。

 
 
ちなみに、、、

面倒臭がって

広告から来た人にいきなり売ろうとすると、

売り手側には分からないかもしれませんが

やっぱり煽り臭が出ます(笑)

 
こうなると、

そもそも審査が通らなかったり、

ユーザーから「不適切な広告」だとみなされてしまいます。

 
広告を見てもらいにくくなります。

 
 
すぐに買ってくれたらラクなんですけどね(笑)

 
どんなステップを踏んでもらうと

見込み客にとって自然なのかを

考えてみてくださいね ^-^

 
他の業界に置き換えてみて、

自分だったらどんなステップが自然
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

だと感じるか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

をイメージしてみるとよいかも!

 
 

あなたは、初めての人に買ってもらう流れが

できていますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Webしくみコンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

今日、チェックアウトするときに

渡された請求書が、、、

「500円」

でした(笑)

 
宿泊費15,500円とか色々書いてあるのに、

合計がなぜか500円(笑)

 
スタッフの方がパソコン操作して

出力した請求書ですが、

どんな仕組みになっているんだ、と ^^;

 
 
====================
<PR>

【オンライン勉強会】
Facebook広告オンライン勉強会
「たまご会」募集中!
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1799918390062588&set=a.190590364328740&type=3&theater
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ