倉林です。

 
 

久々に本を買いました!

 
『年収1億円になる人の習慣』
https://amzn.to/2RvpHsi

すぐに使えてガンガン集客! WEBマーケティング123の技
https://amzn.to/2NqoxuT

 
読むのが楽しみ ^-^

 
 

さて、

そういえば先日、

「聖神社」(ひじりじんじゃ)

に参拝して

御朱印をもらってきました。

 
決して、

「セイント神社」

ではないですよ…(笑)

 
聖神社は、

御朱印をもらえる神社では

僕の実家から一番近い神社です。

 
徒歩15分くらいで行けます。

 
 
なのですが、、、

今年3月から御朱印をもらい始めて

7ヶ月経った今になって

やっと行きました…(笑)

 
「最初に行くところでしょ!」

って思いますよね(汗)

 
ちなみに、

最初は「三峯神社」でした。

 
やっぱり近いと足が遠のくようです(笑)

 
 
余談ですが、

聖神社は「銭神神社」として有名です。

 
この神社の近くは、

日本最古の流通貨幣と言われている

「和同開珎」の材料である

銅の産地なんです。

 
秩父にお越しの際はぜひぜひ

参拝してみてくださいね。

 
 
話を戻しますね。

 
僕がなかなか御朱印をもらおうという気に

ならなかったのは、

ネットで検索したときに

「御朱印は無人販売らしい」

と書いてあったからです(笑)

 
御朱印の書かれた紙が置いてあるようでした。

 
箱に300円入れて

持って帰るスタイルです。

 
 
「じゃあ、後回しでいいかなあ。

他に行きたいところがあるしなあ」

と思ってしまいました ^^;

 
 
先日は、

聖神社の近くにあるコンビニに

用事があったので、

ついでに参拝してきたわけです。

 
そうしたら!!!

 
宮司さんがいるではありませんか!!!

 
いやいやビックリです。

初めて見たような…。

 
もちろん、御朱印をもらってきました。

 
念のため御朱印帳も持っていったので

御朱印帳に書いてもらいました。

 
超ラッキー!!!

 
 
他にも金運アップのお守りなど

つい買いそうになりましたが(笑)

山梨でも買ったばかりなので

今回は買わず。

 
御朱印帳だけ買ってきました。

 
 
いやー。

気分のいい日でしたよ。

 
 
それぞれの神社で

御朱印の形式や金額は異なります。

 
金額は300円のところが多いですが、

たまに500円とか600円とかあります。

 
直筆で書いてくれるところが多いのですが、

スタンプに日付だけ手書きのところ、

御朱印の書かれた紙をくれるところも

あります。

 
通常は御朱印は1種類ですが、

複数から選ぶところもあります。

秩父の今宮神社とか。

 
 
聖神社の場合は、

基本は無人販売という

なかなか珍しいパターンです(笑)

 
で、

たまーに宮司さんが書いてくれるという。

 
この頑張らない感じがいい(笑)

 
 
たまたま宮司さんがいたら

「超ラッキー!!!」

と思います。

 
いつも宮司さんがいたら

そうは思えません。

 
 
飲食店でも、

毎日昼も夜も営業するところもあれば、

週に半分しか営業しないところもあります。

 
本人がいいなら

自由決めればよいかと思います。

 
 
僕たち一人起業家も、

自由にやったらいいと思います。

 
あ、

ただ単に「頑張らない」「働かない」

って意味じゃないですよ。

 
毎日営業しないといけないなんて義務はない、

ってくらいです。

 
常識とやらは脇において、

自由に決めたらよいかと思います!

 
 

あなたは、どんなスタイルで働きますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Webしくみコンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

せっかくKindleを持っていて、

Kindle Unlimitedにも入っているのですが、

紙の本ばかり買ってしまいます(笑)

 
紙の本の方が読みやすいし、

あとで売ったり

プレゼントしたりできるので…(笑)

 
 
====================
<PR>

【オンライン勉強会】
Facebook広告オンライン勉強会
「たまご会」募集中!
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1799918390062588&set=a.190590364328740&type=3&theater
====================

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ