倉林です。

 
 

今日こそは!と気分転換のために

近くのガストに行きました。

 
そこでなんと!

 
20名に1名タダになるキャンペーンをやっていて、

1,000円ほどがタダになりました!

 
ツイてる!!!

 
 

本文の前に。

 
自分でFacebook広告をやってみたい方向けに、

オンライン勉強会を

月に2回開催します!

 
定額制だと実質半額で参加できますし、

特典も色々ありますよん。

 
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1799918390062588&set=a.190590364328740&type=3&theater

 
現在、13名のお申込みがあります。

(全員、定額制プランです)

 
あまり人数を増やすつもりもないので、

もうちょっとしたらいったん閉じようかと思います。

 
検討されている方はご注意くださいね!

 
 

さて、

「サンクコスト」

って知ってます?

 
既に回収不可能なコストのことです。

 
英語では「sunk cost」と書きます。

sunkは、沈んでしまったという意味です。

 
既に回収不可能なコストなのですから、

後でどんなに頑張っても

回収不可能なわけです。

 
 
僕がサンクコストという言葉を知ったのは、

確か起業したての頃で

2009年くらいだったかと。

 
おそらくこちらの書籍で知ったと思います。

 
『サンクコスト時間術』
https://amzn.to/2QfSRuV

 
 
サンクコストという考え方があるのだと

知ってから、

僕はずいぶんとラクになりました。

 
サンクコストを知る前は、

いったんお金や時間を使ったものは

簡単には止めないのが当たり前だと

思っておりました…。

 
これは苦しいですよ。

 
既に回収不可能なのに

止められない(と思い込んでいる)

わけですから。

 
 
例えば、

お金を出して買った本。

 
長いこと読んでおらず、

どうせ読まないのに、

「いつか読む」

「せっかくお金を使ったのにもったいない」

と執着して

本棚に置きっぱなしになっています。

 
しかも何冊もありました(笑)

 
 
これがココロを苦しめるんですよね(笑)

 
だって、目にするたびに

「いつか読まなきゃ」

「まだ読んでない…」

と自分を責めるわけですからね。

 
出ていくのは、

本を買ったお金だけではありません。

このようにココロのエネルギーも奪い続けます。

 
冷静にゼロベースで考えたら、

もうキッパリと処分した方がいいんですよね。

買ったのが失敗だったわけですから。

 
 
自社のプロジェクトや、

お金を出して借りているサービスも同じです。

 
お金を払っているだけで

全く使っていない

メルマガ配信システムとか…、

よくあります(笑)

 
いったん始めたから、

なんて理由で続けていると

本当にもったいないです。

 
 
あ、

紹介してくれた人に悪いから続ける、

というのも本当にもったいないです。

 
かえって気まずくなって

関係がギクシャクするだけですからね。

 
キッパリ止めた方が、

のちのちスッキリします。

 
 
本人にとっては、

途中で止める

=自分の選択が誤りだったと認める

=自分を否定する

と連想してしまうのかもしれません。

 
 
でも、

自分だったら止めにくいですが、

他人だったら

「止めればいいじゃん(笑)」

と思いますよね。

 
そんなものです(笑)

 
 
もうね、

ある期間以上放置されたら、

その使ったお金や時間は戻ってこないのです。

 
回収不可能です。

 
「これはサンクコストだな」

と思って、

さっさとアタマを切り替えるのが

オススメです!!!

 
たとえ今ちょっと苦しくても、

10年後は笑い話です(笑)

 
 

あなたは途中で止められますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Webしくみコンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

今月はFacebookの勉強会も開催します。

こちらはリアルです。

新宿で開催します!


https://www.facebook.com/events/260259184817834/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ