倉林です。

 
 

今日は琵琶湖のほとりに来ております。

 
今日は晴れてよかった!

いい眺め!!!

 
明日は…ホテルの中に引きこもりになりそう(笑)

 
 

さて、

今日はラコリーナ近江八幡に

行ってきました!

 
参考
http://taneya.jp/la_collina/

 
ここの「焼き立てバウムクーヘン」が

お目当てでした。

 
いやー。美味しかったですよ!

 
クラブハリエのバウムクーヘンは

デパートでも買えるそうですが、

ぜひぜひ行ってみてください。

 
 
↑のサイトを見て頂けると分かるのですが、

「ここはオシャレな農場ですか?」

と思ってしまいます(笑)

 
敷地のど真ん中には

田んぼがありますし。

元気に稲が育っていましたよ(笑)

 
 
田植えや稲刈りの体験会もやっているみたいですが、

今日来ていた人は

ほとんどがバウムクーヘンなどのスイーツや

パンが目当てです。

 
東京によくあるオシャレなお店のように

キレイに建てればよいと思うし、

広い敷地のど真ん中に田んぼがいるのかというと

必要ではないかもしれません。

 
 
でも、、、

この田んぼをなくしてしまったら

年間300万人にも達するという来場者は

生まれるでしょうか?

 
断定はできませんが、

難しいかと思います。

 
買うだけならネットでもいいですし。

 
 
買い手が求めるのは、

商品から得る価値だけではないんですよね。

 
今回の場合なら、

美味しいバウムクーヘンだけではありません。

 
すぐ裏に山があって、

広大な敷地のど真ん中に田んぼがあって、

虫の音が聞こえて、

子どもも大人もみんなのびのびとしていて、、、

 
味以外にもたくさんの価値があります。

 
 
バウムクーヘン以外の環境を味わうために

ラコリーナ近江八幡に来て、

お土産あるいは記念として
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

バウムクーヘンなどを買っていく…
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

こちらの方が実態に近いかもしれません。

 
 
もちろん、

味に対するこだわりを持つのは重要です。

 
それに加えて、

「どうしたら気分よく買って頂けるのか?」

「どうやったらその味を

気分よく味わってもらえるのか?」

「どうやったらまた来たいと

思ってもらえるのか?」

なども

考えていくとよいのかと思います。

 
 
僕はまた行きたいと思いましたし、

こうやってクチコミもしています。

 
最寄り駅からはバスで20分くらいかかるので

行くのが面倒と言えば面倒なのですが(笑)

 
 
味がよいことは絶対なのですが、

今回ご紹介したように

他の要素でも楽しいと思えると

勝手に広がっていきます。

 
 
もしも、

自分の専門分野だけで勝負しようとしていて

「何だかうまくいかないなあ」

と思っているのなら、

全体の体験を見直してみると

よいかもしれません!!!

 
 

あなたは、お客様にどんな体験をしてもらっていますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Webしくみコンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

京都から琵琶湖って近いんですよね。

 
京都駅から大津駅まで10分で、

そこから無料シャトルバスで5分で、

今日のお宿に着きます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ