倉林です。

 
 

今日も大手町のパレスホテルから。

 
ここに来る前に、

大手町駅にある「日乃屋カレー」で

メンチカツカレーを食べてきました!

 
がっつりカレーを食べたい人はオススメです。

(大手町以外にもあります)

 
 

さて、

このメルマガで何度かご紹介していますが、

「バースデイサイエンス」

の本を読んでいて、

面白い記述がありました。

 
参考:
https://amzn.to/2PjATGm

 
 
あるタイプの人は、

「ときおり漠然とした不安におそわれてしまう」

のだそうです。

 
主に、一人で何もせずにボーッとしているときに、

「このままでいいのかな?」

と漠然とした不安におそわれます。

 
この不安には理由がありません。

なので、

理由を探してみても

ムダに終わります。

 
この不安はイヤなものですよね。

 
だって、

本人には理由が分からないのですから。

 
どうしていいのか分かりません。

 
すると、

より不安になっていきます…。

 
負のスパイラルです。

 
 
周りの人も、

どうしていいのか分かりませんよね。

 
励まそうとしても

問題解決しようとしても

理由のない不安が元なのですから。

 
 
ここまで読むと、

「おお、なんとかわいそうな人だ」

と同情してしまうかもしれませんが、

それは実は余計なお世話だったりします(笑)

 
 
なぜなら、

その理由の分からない不安こそが

原動力となるからです。

 
一人でボーッとしていて不安になると、

その不安を打ち消そうとして

何かしら行動を起こします。

 
不安があるからこそ、

行動を起こします。

 
不安がなかったら、

ずっとボーッとしているかも(笑)

 
 
こう考えると、

不安=悪

ではないのだ、

と思えてきますよね。

 
 
不安は一般的には

悪者扱いされますし、

理由の分からない不安というのは

実にイヤなものかもしれませんが、

 
自分の原動力になっているのだと

アタマで理解できたなら、

かなり生きやすくなります。

 
 
同じようなことは

他にも言えます。

 
人間関係も含めあらゆることを

損か得かで判断する特徴がある、

と書くと

何だかイヤな感じがしますが(笑)

 
(↑僕はこのタイプです)

 
損得に敏感だからこそ、

自分も相手に価値を提供できる人間になろう!

と思えてくるわけです。

 
 
「あの人は素晴らしい。

それに比べて自分は…」

 
なんて思ってしまった場合には、

ぜひ今回のお話を思い出してみてください。

 
きっと違う側面も存在しますから。

 
それが実は、

他の人にはない素晴らしい特徴

なのかもしれませんよ!!!

 
 

あなたの悩みは何ですか?

 
(その悩みがあるからこそ生まれることは何ですか?)

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Webしくみコンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

本当は、同じく大手町駅にある

うどん屋「野らぼー」に行きたかったのですが、

ランチは14時で終わっちゃうんですよね…(泣)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ