倉林です。

 
 

今日は久しぶりに近所の

諏訪神社へ!

 
落ち着く…。

 
 

さて、

一人起業家が

「メルマガを書けない…」

という理由に、

「全く異なる事業がいくつかあるから」

というのがあります。

 
事業Aの内容は事業Bのお客様には関係ないし、

その逆もしかり、です。

 
確かに、

事業の内容をガッツリ書くのなら

このような悩みもありますよね。

 
 
「じゃあ、メルマガを事業ごとに分ければ?」

というのはちょっと難しいです。

 
多分、続きません(笑)

 
 
はじめのうちは頑張っていても、、、

ほとんどの人は、

「どうしたら一本化できますか?」

「どちらかにまとめられますか?」

と質問します(笑)

 
 
もしスタッフがいるのなら、

その人に書いてもらうのもアリです。

 
売上が上がってきたら、ぜひ。

 
 

あくまで僕の考えなのですが、

 
メルマガでは事業の内容を

ガッツリ書かなくてもよいと思いますよ。

 
かわりに、

メルマガを書く人の「考え」や
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

お客様に知っておいて欲しい
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「判断基準」などを
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

書けばよいかと。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
 
売り手側の考えを知らず、

判断知識も持たずに

事業の内容を本当に理解できるのかというと

正直ビミョーですしね。

 
価格だけで判断されてしまうことが多いかも。

 
一見すると遠回りですが、

いきなり事業の内容をガッツリ書かなくても

よいのではないかと思います。

 
 
事業の内容を一切書かない、

という意味ではありませんよ。

 
書くのなら概要やポイントだけで、

より詳しく知りたい方は
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

別の入り口にご案内すればOK
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ということです。

 
 
このようにすれば、

メルマガは共通でOKです。

 
セールやイベントを開催するときは

事業Aの見込み客だけに号外メルマガを送る、

とすればよいでしょう。

 
 
え!?

「私は事業についてガッツリ書きたいんだー!」

ですって!?

 
そんな方は最初からメルマガを分けましょう(笑)

 
メルマガは共通でないとダメ、

というわけではありませんので。

 
 

あなたがお客様に知っておいて欲しいことは何ですか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Webしくみコンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

来週は京都に行くのですが、、、

学生以来かなあ。

 
それにしても、

行きたいところが多すぎる! ^-^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ