倉林です。

 
 

雨が続きますねえ。

 
雨の日は気分が落ち着く感じがして

集中できます。

 
移動は大変ですが…(笑)

 
 

さて、

つい先ほど

「Facebook広告の運用をお願いできませんか?」

というお問い合わせを頂きました。

 
だいぶ「Facebook広告の人」と

認知されてきたようです。

 
(「たまごの人」はそれ以上ですがw)

 
 
今回はどういう経緯で

「Facebook広告の人」になったのかを

ご紹介しますね。

 
きっかけは1年くらい前です。

 
友人から、

「くらさんにFacebook広告の運用を

お願いしたいのですが、、、

できます?」

と突然言われたのです。

 
当時は個人的にテストしていたくらいで、

公にはしていませんでした。

 
なのでビックリ。

 
彼も、

「くらさんは元システムエンジニアで

ITには詳しいからできるだろう。

他にも幅広く知っているから

チームに入ってもらいたい」

くらいにしか思っていなかったようです。

 
僕は

「個人的にやっているくらいですが、

それでよければぜひ」

とお答えして、

チームに参加することになりました。

 
 
本当に運がよかったのですが、、、

広告経由で、広告費の3倍の売上を上げる

ことができまして。

 
これが僕の大規模広告運用のデビュー戦です。

 
 
数百万円の広告費を使うのは始めてだったので

本当に本当にビクビクしながらやっていました。

 
「結果が出なかったらどうしよう…」

とも思っていました。

 
そんなことを一人で思っていても

無情にもプロモーションはどんどん進むので(笑)

チームのメンバーに相談しながら

なんとか対応していきました。

 
後半はちょっと単価が上がってしまったのですが、

トータルでは何とか

広告費の3倍の売上を上げることができました。

 
 
めちゃくちゃ感謝されました。

 
そして、

彼が色んなところで

「Facebook広告はくらさんにお願いした」

と言ってくださったのです。

 
このおかげで、

徐々に「Facebook広告の人」として

認知されていきました。

 
 
このデビュー戦の後、

3ヶ月くらい間が空くんですけどね。

 
起業家仲間と遊んでいるうちに

「じゃあウチでもお願いします!」

という話が少しずつ増えていきました。

 
 
今はもう「Facebook広告の人」と

思っている方が多いようです。

 
正確に言えば、

他のこともできるし、やっているのですが、

「Facebook広告に集中してください(笑)」

と言われるので…(汗)

 
システム設定面でトラブルが発生したなど、

本当にどうしようもないとき以外は

でしゃばらないようにしています。

 
「最後の砦」的ポジションにおります…(笑)

 
 
「Facebook広告の人」というのは

狙ってなったわけではないんですよ。

 
流れに乗っただけです。

 
個人的にFacebook広告をテストしていましたが、

あくまで自社のためでした。

 
うーん。よく分からないものですよねえ。

 
 
自分で切り開いていくのもいいと思いますよ。

 
一方で、

依頼を受けてみる(誘いに乗ってみる)のもオススメです。

 
「これは違うなあ」と本当に感じるなら

もちろん断ってもいいでしょう。

 
そうではないのなら、受けてみる(乗ってみる)のも

アリかと思いますよ!!!

 
 

あなたは、最近はどんな誘いがありましたか?

 
(仕事だけではありません)

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Webしくみコンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

5日ぶりに秩父に帰ります!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ