倉林です。

 
 

今日は恵みの雨ですねー。

 
汗っかきの僕には移動が大変ですが(笑)

作業に集中するにはいい感じです。

 
 

本文の前に。

 
いよいよ明日です。

池袋にてたまごランチ会を開催します!

よかったらぜひ。

https://www.facebook.com/events/192509181544310/

 
 

さて、

先日、中学の同期たちと飲んだときに

ビックリされたのが

「何でそんなに人の話を聴けるの?」

ということ。

 
状況を軽く説明すると、

同期の中でやたら声の大きい酔っぱらいがいて(笑)

みんなちょっと引いていたんですよ。

 
「このままじゃダメだと思うんだよ!」

「オレは○○をやりたいんだよ!」

と大きな声でからんでくる40歳男性(笑)

 
僕もイヤでしたが(笑)

その彼に呼ばれたので隣に座って

話を聞いていました。

 
すると

その様子を見ていた人が

「何でそんなに聞けるの?」

「スゴい。マネしようと思った」

「今度から、くらさんを毎回呼ぶわ(笑)」

などと言い出したのです。

 
(押し付けないで!w)

 
 
僕が意識していたのは、

「ただ聴く」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「ただ受け止める」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「この人は何を言いたいんだ?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ということ。

 
分からない点があったら、

ちょっと質問します。

 
これだけ。

 
 
逆に言うと、

「それ違うよなあ」

「論破してやろう」

「自分の考えを伝えよう」

なんて気持ちはさらさらありません。

 
器が大きいわけではなくて、

どうでもいい問題だからです。

 
僕の考えと彼の考えが

同じだろうが違いがあろうが

どうでもいいからです。

 
 
コミュニケーションは

いかに相手に伝えるかで決まると

思っていると、、、

お互いに発言し合うので

うまくいきません。

 
キャッチボールでいうなら

お互いがボールを投げる人だと

キャッチボールになりませんよね。

 
ドッジボールに近いかも。

 
上手に受けてあげないと ^^;

 
 
現実的には

いかに相手の話を聴くかで決まると

思っていたほうが

良好な人間関係を築けます。

 
明らかに自分の意見が違っていたり、

相手が勘違いしていそうなら、

明確に自分の意見を主張するのはアリ

ですが、、、

論破とは大きく異なります。

 
ただ主張するだけ。

 
自分の意見と相手の意見とが異なっても

いいですからね。

 
 
また、話を聴くときには

「相手を批判しない」

姿勢で聴くことが重要です。

 
(人間関係を築きたいなら)

 
理解できないとイライラする方もいますが、

理解できなくてもいいので

「そうなんだ」

くらいで受け止めておくのがコツです。

 
特に酔っぱらい相手の場合は(笑)

 
 
「話を聴くのが重要」

というと

「やっぱり傾聴って重要ですか」

「真剣に聴かないとダメですよね」

と言う方もいますが、、、

そんなことはありません。

 
まずは

「そうなんだ」

くらいで軽く聴くくらいでOKなんです。

 
そうじゃないと

しんどいですものね。

 
酔っぱらい相手に練習してみると

よいかもしれません(笑)

 
 

あなたは、ボールを受け取っていますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Webしくみコンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

風邪を早く治す工夫を

たくさん教えて頂きました! ^-^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ