倉林です。

 
 

昨日はなんと17時半から

中学時代の同期10名と飲み始めて

明け方の4時半まで飲んでおりました…(笑)

 
次の日に予定を入れなくてよかった(汗)

 
 

さて、

昨日の飲み会では思い出話に花が咲きまくりでした。

 
25年ぶりに再会する仲間ばかりでしたからねえ。

恩師も登場して、大盛り上がりでした。

 
ほんと声をかけてもらって感謝です。

 
だいたいみんなそれほど変わっていないので(笑)

覚えていたのですが、

記憶違いが色々ありました。

 
「中学2年のときに三峰に行ったよね?」

「いやいや行ってないよ?」

とか。

 
恩師の「行きましたよ」で解決しましたが(笑)

 
 
個人的にも色々と質問されました。

 
「好きなタイプは?」とか、

「あのときのあの彼女とはどうなったの?」とか。

 
変わらんなあ…(笑)

 
 
他にもされた質問があって、

質問した人以外の人も

「そう。それをくらさんに聞きたかった」

と言った質問があります。

 
それは、

「くらさんが秩父に戻ってきてやっている
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

モチベーションは何なの?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

という質問。

 
「どちらでも選べるなら、

東京にいた方がいいんじゃないの?」

という前提での質問です。

 
 
あくまで秩父と比べて、ですが、

 
東京で働いた方がお金をたくさん得られるだろうし、

他にも色々得られるだろうし、

東京に長いこといたのに

どうして秩父に戻ってきて

今も秩父にいるの?

 
と不思議に思っているみたいです。

 
 
ぶっちゃけた話、

「ずっと東京にいなくても何とかなるし

その方がメリハリがついてよいし

気軽なアポが減るのでよい」

くらいにしか思っていませんでしたが(笑)

 
次のように回答しました。

 
「業種によるかもしれないけど、

秩父にいても普通に収入を得られるよ」

 
「田舎育ちなので秩父が合っている」

(20年くらい東京に住んでいたのに?とビックリされますが)

 
「秩父に帰ってくると元気になる」

 
「東京には用事があるときだけ行けばいい。

打ち合わせはオンラインでもできる。

最初に1回だけ会えばいい」

 
 
どうやら

「優秀(高学歴)なヤツは秩父を捨てて東京に行く人が多い」

「秩父で稼ぐのはすんごい難しい」

という思い込みを持つ人が多いみたいで

「へええ。そんなのできるんだ!」

という反応でした。

 
「業種によっては秩父でもいいんだ!」

と喜んでいた人もいました。

 
 
この後も色々と話しているうちに

「家庭を持っている方は大変かもしれないけれど

少しずつ秩父に帰ってくる頻度を増やしてみたら

難なく秩父移住に持っていけると思うけどなあ」

と思い始めてきたのですが、、、

 
どうやら本当の問題はそこではないんですよね。

 
 
秩父に帰ってきたかったら
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

何とかして実現しようとするんですよ。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
誰かに背中を押される前に。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
 
つまり、

本当のところでは秩父を好きではない

ということです。

 
うーん。これは正確な表現ではないか。

 
思い出のつまった秩父は大好きなはずですが、

秩父が素晴らしいという感覚を味わったことが少ないので、

本当のところでは秩父を信じきれていないのではないかと。

 
秩父の素晴らしさを教わってこなかったし、

秩父が好きだとアピールしてよいとも教わらなかったし、

秩父を好きだと言いにくい…

という感じです。

 
 
僕が一言お伝えしたのは、

「これからの世の中は
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

故郷や日本が好きじゃないと難しいだろう」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ということです。

 
 
なぜって、

自分のルーツ(故郷や日本)があまり好きではないのなら

ルーツだけでなく

そこで生まれた自分自身についても

あまり好きではなくなっていきますし、

 
日本があまり好きではないのなら

いくら仕事を頑張っても

税金を持っていかれてしまうのがイヤだと思って

前向きに頑張りにくくなりますからね。

 
 
今はもう多くの方が

物質的には満たされています。

精神的な充足がより重要視されています。

 
モノがあればよかったときには

さほど気にしなかったことですが、

今は

「好き」「心地よい」「楽しい」「面白い」「ワクワク」

などが重要になってきています。

 
(マーケティングのサポートをしていると

この変化の速さを本当に強く体感します)

 
 
よくこのメルマガでは「好きなことを!」と

言っていますが、

自分の故郷や日本を好きになるほうが

先なのかもしれませんね。

 
もっとも、

好きになれと言って好きになれるわけもなく。

 
まずは「より詳しく知る」ことから
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

始めるのがよいかなあと思います。

 
 

あなたは、故郷や日本のことを知っていますか?

 
(僕もまだまだですが、、、)

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Webしくみコンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

色んな本を読みまくってみると

「教科書では教えない日本」

が見えてきて

価値観が変わります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ