倉林です。

 
 

メルマガ読者さんからプレゼントを頂きました!

ありがとうございます! \(^o^)/

http://achievus.appassionato.co.jp/2018/04/7763.html

 
 

さて、

「成果を上げるのに必要なことだけやる」

と聞くと、

どう感じるでしょうか?

 
「合理的でいいことなんじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、、、

必要なことだけやるという思考だと

幸せを感じにくいようです。

 
 
一見すると成果には関係がなくて

ムダに見えるかもしれませんが

やっぱり「遊び」も本気な方が
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

幸せを感じやすいようです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
周りを見ていての感想です。

 
 
一人起業家さんで

「何をやったらいいんですか?」

と聞いてくる方がいるのですが

(僕もそうでしたよ)

この質問に対して

「余裕がなくてもあえて本気で遊んだら?」

と答えたら、

むちゃくちゃ落胆されそうです(笑)

 
いや本心なんですけどね。

 
 
メルマガ読者さんに

Amazonの「ほしい物リスト」を公開しているのも、

必要なことではありません(笑)

 
倉林のほしい物リスト:
http://amzn.asia/bj4IUsB

 
 
それでも公開しているのは、

「公開してみたら面白いかなあ」

という遊び心です。

 
これまでに数名の読者さんから

プレゼントを頂いております。

(ありがとうございます!)

 
やってみて思ったのは、

「これは嬉しいわ!!!」

「忙しいのに読んでくれているのね!!!」

「もっと喜んでもらおう!!!」

などなど。

 
ヤル気出ますよ ^-^

 
 
必要なことだけをやって

分かりやすい短期的な成果を求めてもよいのですが、

 
遊びも取り入れてみて

ちょっと分かりにくい長期的な成果も

求めてよいのではないかと思います。

 
いや、

もっと言うなら、

「自分で面白いと思ったこと」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

をガンガンやってみたらよいのではないかと思います。

 
小利口に見返りなんて求めずに。

 
 
この「自分で面白いと思ったこと」の

積み重ねが、

差別化やブランディングにつながっていく

わけですしね。

 
あ、あくまで結果論です。

意図してやるとわざとらしいので

失敗します(笑)

 
 
もうね、

専門分野だけでは差別化は難しいんですよ。

 
だって、

シロウトである見込み客には

他との違いなんて分かりませんから。

 
売り手側は明らかに差別化できていると思っていても、

「どこかで見たことあるなあ…」

と思われるでしょうね。

 
金額や内容の違いがよく分からなかったら、

「面白そう」

「楽しそう」

「好き」

を選びます。

 
そりゃそうだ。

 
 
専門知識はもちろん大切ですよ。

 
ただそれだけでは

「いい人なのに…」

で終わってしまいます。

 
これはとても残念。

 
ぜひ「自分で面白いと思ったこと」を

取り入れてみてくださいね!

 
 

あなたが面白いと思うことは何ですか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Webしくみコンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

「何を面白いと思うのか?」

がよく分からないという方もいるかもしれませんが、

安易に他の方のやり方をマネしないように ^^;

 
ぜひ自分で決めてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ