倉林です。

 
 

今日は秩父で作業に没頭!

 
 

さて、

エンジニアとしてシステム開発をやっていたときのお話。

 
「面白いなあ!」

と感じた考え方をご紹介しますね。

 
それは、、、

全ての作業のゴールを書類作成にする
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ということ。

 
作業が完了した=書類が完成した
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

にするということで、

書類が必須になります。

 
 
例えば、

「ウェブサイトの動作を確認する」

という作業があったとしますね。

 
これだと、

何をやるのか分からないし、

何をやったのかも分かりません。

 
「ウェブサイトの動作を確認しました」

とだけ報告があっても、

何か不具合があったときに

トラブルになります。

 
 
ではどうすればよいのか?

 
そこで書類を作るわけです。

 
どういう動作確認をするのかをまとめた

「動作確認内容一覧」や、

誰がいつ確認したのかをまとめた

「動作確認報告書」です。

 
 
「ウェブサイトの動作を確認しました」

で終わらせずに、

書類に残す
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

のが重要です。

 
 
会議の場合にも、

「議事録」

を残します。

 
 
一見するととっても面倒なんですけどね…。

 
でも、

トータルでは時間短縮につながります。

 
何かトラブルがあったときには

振り返れますし、

次回に向けて改善策を練ることもできます。

 
 
一人で仕事をしている方も、

作業内容を軽くメモしておくとよいかと思います。

 
もしもう一度やることになったときに

大いに助かります。

 
ムダな時間を削減できます。

 
例えば、

ウェブサイトの一部を修正した場合に、

何が問題で

どのような対処をしたのか、

メモしておくとよいかと。

 
「今回だけだから、いいでしょ」

と思っていても、、、

意外ともう一度やることもあります。

 
 
僕も、

まとめるのを忘れていて

「またイチから調べるのか…」

と凹んだことがあります(笑)

 
 
未来の自分のためにも

書類にまとめておくのがオススメです!

 
 

あなたは、作業内容を書類にまとめていますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Webしくみコンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

そして明日からまた東京(笑)

最近、東京率が高めです ^^;

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ