倉林です。

 
 

「男子三日会わざれば刮目して見よ」

という言葉がありますが、

卵も同じなんですよね。

 
30秒目を離すと

熱が通り過ぎます…。

 
半熟専門の僕にはしんどい ^^;

一度に茹でるのが

1個や2個じゃないから(笑)

 
 

実は、、、

友人と出雲大社に行こうと考えています。

6月5日(火) – 6日(水)に1泊2日で。

 
出雲大社の他にも、

須佐神社とか色々とめぐってみたいと思います。

 
今後も3ヶ月に1回くらい、

日本各地の神社や美味しい卵料理を

めぐりたいなあと思っています。

 
 
興味がある方は、ご連絡ください。

秘密のFacebookグループにご紹介します!

 
日程以外ほとんど決まっていないので(笑)

一緒に決めていければ嬉しいです。

 
※Facebookグループに参加したからといって

 旅行に参加しなければいけない、というわけではありません。

 
 

さて、

最近、

日本建国の歴史や古事記についての本を

読んでいますが、

 
なんとなく

「おおらかさ」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

が身につく感じがしますね。

 
 
なぜって、

時代が古すぎて

正しいかどうかが分からないから、

「ああ、そう書いてあるのか」

「そう伝えられているのね」

くらいでとらえないと、

先に進めないわけです(笑)

 
 
他の本を読むときのように、

「それは主観だよね」

「その根拠は…?」

と自分のアタマで考えながら読むとか

批判的に読むことが

合わないんですよね。

 
登場する神様や人物が多すぎて

よく分からないし(笑)

 
 
もうね、

よく分からないけれど読み進める
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

のがよいかと思います。

 
「今はよく分からないけれど、

読んでいるうちに分かるでしょ」

「分からなかったら

何度も繰り返し読めばいいや」

と思って、

読み進めています。

 
 
逆に、

・科学的に誤っているから全てダメ

・事実でないものがあるから全てダメ

・論理的でないから全てダメ

・理解できないから全てダメ

という姿勢だと

全く受け入れられないでしょうね。

 
 
一部は誤っているかもしれないし、

今は理解できないかもしれないけれど、

 
まあそれはそれとして、

 
事実として、

日本という国はあるわけだし、

天皇という存在はあるわけだし、

ええやんか、と。

 
 
日本のことだと卑下しがちですが、、、

よく考えたら、

聖書に書いてあることが全て

科学的で事実だと思っている人もいないでしょうしね。

 
色々あるけど

まあそういうものでしょ、

でいいのではないかと思います。

 
 
自分とは異なる価値観を持った他者の

言動がすんごい気になる…

というのも同じかなあと思います。

 
理解できなくていいし、

違っていてもいいし、

合理的でなくてもいいのです。

 
それでええやんか、と。

 
みんな同じだったり、

みんな理解の範囲内だったら

ツマラナイですしね…。

 
 
もちろん、

自分の主観はあっていいんですよ。

 
他者に違和感を持ってもいいのです。

 
 
それとは全く別の話で

(=同時に存在していい話)

「あの人はそう言っている」

「あの本にはそう書いてある」

というだけです。

 
違和感を感じていてもいいのですが、

その違和感を解消しないとダメだと思って

他者を否定するのはちょっと違うよなあ

というお話でございます。

 
違和感を解消しないといけない義務は

ありませんしね。

 
 

あなたは、「理解できない」と感じたときに

どう考え、どう対処しますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(Webしくみコンサルタント 倉林)

 
 

<追伸>

「どうして○○じゃないんですか?」

「○○じゃないとダメなんですか?」

という質問癖がある方は、

日本建国の歴史や古事記についての本を

何度か読むといいのかもしれません(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ