倉林です。

 
 

すぐに夜型に戻ってしまった…汗

 
 

さて、

ごくまれにこんな相談があります。

 
「メルマガを書きたいのですが、

教えて頂けますか?」

と言うので

相談に乗っていたら…、

 
「メルマガって解除されますよね?」

 
「メルマガって日記じゃいけないんですよね?」

「でも、私の業界だと

あまり専門的なことを書いても

後で責任問題になるといけないので

詳しく書けないんですよ」

 
「手持ちの名刺宛にメルマガを送ったら

マズいですよね?」

「でも、普通にやったらメルマガ読者は

増えないですよね」

 
とまあこんな感じ。

 
 
何となくお分かりかと思いますが、

実はメルマガを書きたくない

のです。

 
「メルマガを書きたい」

と言ってきたのは、

「一人起業家たるもの、

メルマガをやるのが正解」

だと思っていたからです。

 
本当の意味では、

メルマガを書きたいとは思っていません。

 
 
だから、

「メルマガを書かなくてもいい理由探し」

のための質問が多くなります。

 
本人は気付いていませんが。

 
こうなると結論が出ません。

同じところをぐるぐる回る羽目になります。

 
 
結局、

「メルマガを書きたくないんですよね?

書く義務なんてありませんし、

止めましょう。

義務感で書いているメルマガを読みたい人なんて

いませんし」

と伝えて終わりました。

 
1時間くらい費やしたかなあ…。

 
 
ここまで極端で分かりやすい相談は

珍しいですが、

似たような相談は多いですよ。

 
本心は真逆なのに「○○したい」という相談です。

 
もうね、

自分の本心が何なのか

よく分からなくなっているのです。

 
気持ちは分かりますが…

これは本当に悲しいことです。

 
 
一見すると逃げているように見えるかもしれませんが、

次のような相談の方がずっとマシです。

 
「周りは○○した方がいいと言っていますが、

自分はやりたくありません。

違和感を感じます。

△△の方をやってみたいのですが、

どうでしょうか?」

 
自分のアタマで考えていますからね。

 
 
正直なところ、

初めは「面倒くさそうな相談だ…」と思ってしまいますが(笑)

やりがいがあるのはこのタイプなんですよ。

 
こちらもアタマをフル稼働させますからね。

 
 
実際にやってみた上での相談なら

素晴らしいと思いますが、

安易に周りに流されないというだけでも

十分素晴らしいと思います。

 
 
あ、言うまでもなく、

「もっといい方法を教えてくれませんか?」

という相談はダメです(笑)

 
よくありますけどね…。

 
言い方を変えると、

「私がラクに成功するために

もっといい方法を

私のかわりにアタマを使って考えてくれませんか?

もちろん、分かりやすいように

丁寧に教えてくださいね」

と言っているようなものですしね。

 
図々しすぎます(笑)

 
 
今回お伝えしたいのは、

「自分の本心を大切にする」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ということです。

 
安易に流されないこと。

 
その上で、

効果的な手法だと思うなら

取り入れてみればよいかと思います。

 
手法ありきで考えると

手法に振り回されて疲弊します。

 
ちょっと批判的で疑い深いくらいがちょうどよいかと!

 
 

あなたは、批判的で疑い深いですか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(一人起業家専門Web集客ドクター 倉林)

 
 

<追伸>

誕生日プレゼントにもらった

「ぐでたま」の帽子を

あるイベントでかぶりました!

 
好評でした(笑)

 
僕の中で何かがはじけた瞬間…(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ