倉林です。

 
 

メルマガ読者さんからプレゼントを頂きました!

Wさん、ありがとうございます!

本当に頂けるとはビックリです… ^^

http://achievus.appassionato.co.jp/2018/01/7359.html

 
 

さて、

僕がAmazonの「ほしい物リスト」を公開したのを見て、

「そんなことしていいの!?」

と思った方もいるのではないでしょうか?

ほしい物リスト
http://amzn.asia/bj4IUsB

 
 
もう何年も前になりますが、

他の方がやっているのを見たとき、

僕は

「そんなことしていいの!?」

と思いましたし、

「ズルい!」

と思いましたよ(笑)

 
でもまあこれは、

「僕もやりたい」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

と本心では思っているからなんですよね。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
なので、

「ズルい!」

と思ったわけです。

 
 
僕はそんな自分の本心を知っているので、

すんなり公開できました。

 
なんでこのタイミングなのかというと、

突然思い出したからです(笑)

 
 
そうそう。

 
商品やサービスの完成度が高くないのに

リリースするライバルの姿を見て、

「あんなレベルで公開していいの!?」

と文句を言うのも同じ心理です。

 
「先を越された!」「ズルい!」

と思ってしまうのです。

 
実際には、

本当に必要な方なら

「ありがとう!!! 待ってたんだよ!!!」

と喜んで買います。

 
文句を言うのはいつだって
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

本当には必要としていない、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

つまり、買わない人です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
誰の意見に耳を傾けるのか、

明白ですよね。

 
 
話をAmazonの「ほしい物リスト」に

戻しますね。

 
このリストを公開したその日に、

メルマガ読者さんからメッセージを頂き、

「いつもお世話になっているので…」

とプレゼントして頂きました。

 
たぶん、

何らかのカタチでお返しをしたい
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

という思いが

もともとあったのだと思います。

 
自覚されているかどうかは別として。

 
 
僕にその確信があったわけではありませんよ。

 
実際にメッセージをもらったときには

「えっ、本当にプレゼントもらえるんだ!」

とビックリしました(笑)

 
それと、

あまりに嬉しくて、

「何かお礼しましょうか?」

と返してしまいました(笑)

 
意味が分かりませんよね…(笑)

 
 
今日お伝えしたいのは、

感謝を受け取る窓口を用意しておく
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ということです。

 
例えば、

無料メルマガを読んでいてお礼をしたい方のために

コメントを受け付けたり

プレゼントを受け付けたり。

 
あるいは、

「もっと完成度を上げてから…」

とか言って先延ばしにしないで

さっさと売ってみたり。

 
(お金を受け取るのも感謝を受け取るのも同じです)

 
 
もちろん、

全ての方が肯定的な意見を持つとは言いません。

 
でも、

本当に必要な方には大歓迎されるでしょう。

 
 
「与える」ことばかりがフォーカスされがちですが、

受け取ることをおろそかにするのは

違うのです。

 
受け取ってはいけない、

なんてどこにも書いていません。

 
ぜひ気持ちよく受け取ってみると

よいのではないかと思いますよ!!!

 
双方ともに幸せを感じます!!!

 
 

あなたは、「感謝を受け取る窓口」を用意していますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(一人起業家専門Web集客ドクター 倉林)

 
 

<追伸>

今日は東京!

Facebook広告について

ガッツリ学んできます!!!

 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ