倉林です。

 
 

今日はFacebook広告のセミナーに

参加してきます!!!

 
 

さて、

iPhoneのバッテリー性能が低減した場合に

動作速度を意図的に抑えているという

ニュースが話題になっています。

 
iPhoneが遅くなったから買い替えたという方も

多いと思いますが、

事前にこの情報を公開してくれていたら

買い替えではなく

より安価で済むバッテリー交換だけで

済んだのに…というお話です。

 
原因がよく分からないままに

バッテリー交換をして治らなかったら

それこそ丸々損失ですし、

2年くらい使ったから買い換えるかあと

思いやすいので、

本体買い換えへの圧力(?)はありますものね。

 
 
かくいう僕も

iPhoneが目に見えて遅くなってきたので

買い換えないとダメなのかなあと

思っていたところでした。

 
バッテリー交換でもいいのですが、

2年ちょい使っているので、

目標を達成してご褒美に

最新のiPhoneを買ってやろうかと思います ^^

 
(こういうとき、先に買ってしまったらダメw)

 
 
iPhoneをお使いのメルマガ読者の皆さんも、

バッテリー交換でも買い替えでも

自分の好みで決めたらよいと思います!

 
買い換えないといけない、

ってことではないので。

 
 
今回はもうひとつ話題を。

 
といいますか、ここからが本題(笑)

 
iPhoneのバッテリー性能が低減した場合に

動作速度を意図的に抑えていると

書きました。

 
この仕組みを公表しておかなかったことは

ちょっと問題アリかもしれませんが…、

仕組みが組み込まれていること自体は

素晴らしいなあと思います。

 
もしもこの仕組みがなかったとしたら、

突然のシャットダウンなど

予期せぬ動作が発生します。

 
それこそ今以上の大問題になります。

 
 
「電車のドアに荷物が挟まっていると

警告ランプが点灯する」

「走行中の電車が何らかの異常を検知すると

緊急停止する」

「ウェブサイトにアクセスが殺到すると

サービス一時停止中ページを表示する」

「シュレッダーが高温になると

ある程度温度が下がるまで使えなくなる」

 
というのも、

同じような仕組みです。

 
(フェイルセーフといいます)

 
時間やお金がかかるものの、

重大な事故にならずに

安全を保つことができます。

 
 
あなたのビジネスでも、

「このままだと多くの方に

重大な影響が出るかもしれない」

と懸念していることがあるなら、

安全を保つ仕組み
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

をあらかじめ組み込んでおくとよいでしょう。

 
 
一人起業家さんだと

このような「守り」は苦手な方が多いのですが、

安全を保つ仕組みが

信頼を作ります。

 
そして、

その後に売上などのカタチで

返ってきます。

 
「とにかく頑張る」(笑)

もいいですが限界があります。

 
安全を保つ仕組みについて

ぜひお時間を取って考えてみるとよいかと思います。

 
 

あなたは、どんな「安全を保つ仕組み」を持っていますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(一人起業家専門Web集客ドクター 倉林)

 
 

<追伸>

事務所に生卵をストックしてあって

「食べてもいいですよ!」

と器の大きいところを

見せているわけですが、

誰も食べません…(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ