倉林です。

 
 

レッグウォーマーとフリースひざかけで

足元はかなり強化されました!!!(笑)

 
これで集中力は途切れんぜよ!!!

 
 

本文の前に。

 
そういえば、メルマガで紹介するのを

忘れていたような気がします…。

 
====================
「ビジネスの本質をやさしく学べる」と評判の
今井孝さん著『キキと起業』

今なら、累計5万部を突破した
今井孝さん著『起業1年目の教科書』も
無料プレゼント中です!


http://lp.appassionato.co.jp/kiki/
 
※プレゼントはなくなり次第終了です。
====================

 
 

さて、

昨日あるメルマガを読んでいたら、

「やりがい搾取」

という言葉が目に飛び込んできました。

 
これは、

芸能界やボランティア業界などで、

ヤル気のある若者につけこんで

(やりがいを与えるかわりに)

安価な労働力として使うことです。

 
「やりがいがあって価値ある仕事なんだから

贅沢を言わずに安い給料でもガマンしなさい」

ってやつです。

 
他の世界を知らないと

「確かに、やりがいがあるからなあ…」

とガマンを受け入れてしまいそうですが、

やりがいや価値のある仕事と

安い給料とは

全く別の独立した問題ですからねえ。

 
 
でも、

何となくスジが通っていそうな感じがするのが

怖いところです…(笑)

 
 
この類の問題は、

一人起業家でもよくあります。

 
自分に合わないビジネスをしていて

気分よく稼げていないのに、

「でも、やりがいがあるから…」

「でも、お客様が喜んでくれるから…」

「今はガマン」

と、

ガマンを受け入れて

ガマンを正当化してしまいます。

 
「今度おいしい仕事を回すから、

今回は安くしといてよ」

というあてにならないお願いを

受け入れてしまうのも

似ていますね。

 
 
はっきり言いますが、

ガマンを受け入れて正当化するのは
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

止めた方がいいです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
そんな人生は悲しすぎます。

 
ガマンするために起業したわけでは

ないでしょうし。

 
むしろ、ガマンとは一番遠い

「自由」を求めて起業した方がほとんどでしょう。

 
 
「ガマンしなくていいのね!」

と今度はワガママに振る舞う方もいますが(笑)

全く違います。

 
それでは相手にガマンを強制しているだけです。

 
 
それではどう考えたらよいのか?

 
それは、、、

 
相手との人間関係を築きながら
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

自分のやりたいことをやる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

だと僕は考えています。

 
(全ての人間と良好な関係を築く、

という意味ではありません)

 
 
簡単ではないかもしれません。

 
でも、

安易にガマンを受け入れて正当化して、

他の誰かにコントロールされるよりは

ずっとずっといいかなあと。

 
もちろん、

他者にガマンを強制するよりもね。

 
ってまあ、

僕もまだまだ道半ばですけどね ^^;

 
 

あなたには、ガマンしていることはありますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(一人起業家専門Web集客ドクター 倉林)

 
 

<追伸>

僕はほとんど映画を見ないのですが、

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」

は起業家的には見てみたかったなあ…

と今さらながらに思いました(笑)

 
見たいと思ったらすぐにカレンダーに

書いておかないとダメですね。

 
来年2月にDVDが出るらしいので、

買おうかと思います。

あ、ネットで見られるならそっちを買いますが。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ