倉林です。

 
 

昨日、

「初めてウェブセミナーをやるには?」

というテーマで

女性起業家さんから

インタビューして頂きました。

 
(ありがとうございました!)

 
今週中には公開したい…。

 
 

さて、

昨日のインタビューは

もちろん↓の新サービスのためです。

 
ウェブセミナーまるごと構築サービス
http://the-web-doctor.jp/lp/marugoto-webinar/

 
 
なぜインタビューして頂いたのかというと、

女性起業家さんからオファーを頂いたのも

ありますが、

それはきっかけ。

 
一番大きな理由は、

自分には商品の魅力はよく分からないし、

申込みをジャマしているポイントが

自分にはよく分からないからです。

 
 
今回もたくさんありましたよ(笑)

 
「え? そこ?」

と思う部分が。

 
 
例えば、

よく聞かれるので

「お客様に用意して頂くもの」

を書いておいたのですが…、

申し込む前に見てしまうと

申し込む気が無くなるとのこと(笑)

 
そ、そんなに…?

 
よかれと思って書いておいたのに、

申込みをジャマしてしまうようです。

 
それでいて、

「自分が何をすればいいのかは知りたい」

わけです。

 
いったいどのくらいまでなら

申込みたくなるのか、

これは自分には全く分かりません…。

 
 
専門家的には

「それは簡単に調べられるでしょ」

とスルーしてしまうようなことが

ものすごく大きな負担になるもようです。

 
 
はい。

もうね、

考えてもムダです!

(キッパリ)

 
 
専門的でシロウトには分かりにくい商品を

扱っている方は、

ぜひ他の方(見込み客がよいでしょう)から

インタビューしてもらってみてください。

 
3時間くらい時間を取って、

ガッツリとインタビューしてもらえば

色んなことが見えてきますよ。

 
 
昨日は単価アップのヒントまで頂き、

ついワクワクして

深夜まで資料を修正していました ^^

 
(まだ商品紹介ページを修正できていません)

 
 
インタビューを活用するポイントは、

相手の意見をいったん受け入れてみることと
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

安易に鵜呑みにしないことでしょうか。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
「この人は分かってないなあ」

などと決めつけずに、

「ふんふん。そう感じるのね」

といったん受け入れてみることです。

 
その上で、

「この商品のターゲットは○○だから、

ちょっと違うかなあ」

「それなら別の解決法の方がいいかなあ」

と専門家として思うなら、

自分で決めればいいわけです。

 
 
商品の魅力が伝わっていないなあと

感じているとしたら、

ぜひ見込み客に

3時間くらいガッツリとインタビューしてもらいましょう!

 
体力的にはしんどいかもしれませんが(笑)

充実した時間になりますよ!

 
 

あなたは誰にインタビューしてもらいますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(一人起業家専門Web集客ドクター 倉林)

 
 

<追伸>

今日は渋谷へ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ