倉林です。

 
 

A4用紙にやることを書き出したときは

それほどボリュームがあるとは思わなかったのですが、

 
作業時間をGoogleカレンダーに確保していくと…

時間が足りないことに気付きます…(笑)

 
時間を作る工夫をしないと!

 
 

さて、

Googleの「20%ルール」って聞いたことあります?

 
業務時間のうち、

「20%を通常業務以外に使ってよい」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

というルールです。

 
例えば、

新商品の開発に使います。

 
このルールを聞いたときの僕は会社員で、

「そんな自由なルールがあっていいなあ」

と思っていたものです。

 
 
もしも、

通常業務に忙殺されていて

「なんのために仕事しているんだろう…」

と思っている方は

ぜひ20%を通常業務以外のことに

使ってみるとよいかと思います。

 
30分でもいいんですよ。

 
「自分のやりたいこと、やってみたいこと」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

を「自分の意志で主体的にやってみる」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ということが重要です。

 
 
目に見える成果がなくてもいいんです。

 
とにかく自分の感情を解放できる時間を

主体的に作ること。

 
すると、

今まで生み出せなかった新しいアイディアが

生まれてきて、

いつか大きな成果へとつながっていくでしょう。

 
また、

残りの80%の時間も

ハリが出てきてパフォーマンスが上がります。

 
 
今回はさらにもう一つの「20%ルール」を

ご紹介しますね!

 
それは、

「業務時間の20%で、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

通常作業を終わらせる!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ということ。

 
つまりさきほどと逆です。

 
80%が新しいことをやる時間です。

 
 
一人起業家にはぜひ試してみて頂きたい

考え方です。

 
僕もあまりに案件が重なってきたときには

「20%で終わらせる!」

と考えて作業に向かっていました。

 
(パワーがいるので、毎日はやっていません)

 
 
つい、

1日の大半を占めるから通常業務と言うのだと

思いがちですが、

そんな義務はないんですよね。

 
3時間で通常業務を終わらせてもよいわけです。

 
 
僕の場合は

一人で考えているとあっという間に数時間が経つので、

 
お客様との打ち合わせをあらかじめ予約しておいて

それまでに集中して作業を終わらせて

報告できるようにしたり、

打ち合わせの中でガンガン決めてしまうようにしたり、

ちょっとした工夫をしています。

 
打ち合わせをペースメーカーとして使っています。

 
このようにして、

考える時間に上限を設けているわけです。

 
以前に

「悩む時間もあらかじめカレンダーに確保しておいて

その枠の中で思い切り悩めばいい」

とご紹介しましたが、

その一例です。

 
 
20%の時間で通常業務を終わらせるというと

何だかとても大変そうで

やる前から諦めてしまいそうですが、

ちょっとした工夫を

いくつか組み合わせていくとよいかと思います!

 
 

あなたは20%の時間をどう使いますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(一人起業家専門Web集客ドクター 倉林)

 
 

<追伸>

あ、

頑張って作業を終わらせようとすること自体は

よいのですが、

まずは「やらない」「誰かに任せる」ことを

考えてみるのがよいかと思います!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ