倉林です。

 
 

今日から数日、東京へ!

10日ぶりくらいです。

 
いやー。

昨日は秩父市内を3時間くらい散歩しました。

「くらさんぽ」です(笑)

 
 

さて、

今年7月に買った『東洋経済』を

今頃になってパラパラと読んでみました。

 
既に浸透しているルールを変更したい
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

と思っている経営者・リーダーに

役立つかと思う内容をご紹介しますね。

 
 
1つ目は、

カルビーの例。

 
カルビーではフリーアドレス制を

導入しました。

 
フリーアドレス制とは、

自分の固定席がなく、

席が毎日変わるということです。

 
ふだん会社にいない方の席は減らせるので

経費削減効果があります。

 
また、普段は会話しない方とも

会話できたり刺激があって、

社内の空気がちょっとよくなるかも。

 
別の部署だけれど

同じプロジェクトなら、

まとまって座ることもできるので、

ちょっとした質問をしやすくなって

作業が進みますね。

 
 
当然ですけど、

いきなりフリーアドレス制に変えると言ったら

反発があるわけです。

 
変わることへの不安がありますから。

 
 
そこでカルビーが導入したのが、

「ダーツシステム」です。

 
出勤時に「ダーツシステム」という

コンピュータシステムで

その日の席を決めるのです(笑)

 
ちょっとゲーム性があって

いいですよね。

単なるルールの押し付けよりは。

 
もちろん、

お客様相談室など、

固定電話がある部署は

フリーアドレス制ではありません。

 
また、

一人だけで集中したいという場合も

ありますよね。

 
そんなときの仕組みもあります。

 
ダーツシステムで

「ソロ」「集中」という一人席を

選べるようになっています。

 
なかなかニクいですね!

 
 
僕がとある会社に勤めていたときも

フリーアドレス制が導入されました。

 
2007年か2008年だったかと。

 
でも…、

ダーツシステムなんてものはなく、

結局はほぼ固定席でしたし(笑)

一人で集中できる席なんてありませんでした(笑)

 
ほぼ固定席なのですが、

一応はフリーアドレス制なので

私物を机に置けなくなって、

ちょっと小さめのロッカーに

毎日パソコンや資料をしまうのが

面倒でした…。

 
かえって不便になった

という記憶しかありません。

 
 
今回参考になるのは次の3点です。

 
既に浸透しているルールを変更したい場合、

ゲーム性を取り入れてみるということ。

(例:ダーツシステムで毎日シャッフル)

 
それと、

ルールを変えない方がよいケースも

検討しておくこと。

(例:お客様相談室)

 
自分で選びたいという欲求が強い方もいるので、

そんな方のための選択肢も用意しておくこと。

(例:ソロ、集中)

 
 
このように3段構えで行けば、

だいぶルールを変えやすくなるのではないかと

思います!!!

 
 
えーと。

もう1つ紹介したい事例があるのですが、

長くなってしまったので

それはまた明日にでも(笑)

 
 

あなたは、どうやったら楽しんで

新しいルールに変われそうですか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(一人起業家専門Web集客ドクター 倉林)

 
 

<追伸>

既に高額商品を売っていて、

こちらの新サービスに興味がある方へ。

 
http://the-web-doctor.jp/lp/marugoto-webinar/

 
もしもウェブセミナーにピンと来ないようでしたら、

個別にご説明しますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ