倉林です。

 
 

引き続きモニターを募集しております!

 
説明会やセミナーで

高額商品を販売している一人起業家さんへ。

 
その説明会やセミナーを

ウェブセミナーにして

「ビジネスを効率化」しませんか?

http://the-web-doctor.jp/lp/marugoto-webinar/

 
 

さて、

僕に相談しに来る方の中に

中途半端に自分でやろうとして

もがき苦しんでいる方がいます。

 
ごくたまに。

 
当初は

「○○をやりたいです」

と言ってくるのですが、

相談が進んで具体的な話になるにつれて

「△△はできません」

「□□は分かりません」

「すみません。そんなことも知らなくて」

と、「できません」「分かりません」「知りません」

バリヤーをはりまくります(笑)

 
これね、

実は「やりたい」んじゃないのです。

 
周りがやっているから

取り残されるのがイヤで

「やりたい」と言ったり、

華やかでサクッとできそうだから

「やりたい」と言っているのです。

 
ネット集客だと、

ブログ、メルマガ、プロダクトローンチ

がそれに当たります。

 
純粋な「やりたい」ではなくて、

「やらないと不安」という恐れから

生まれた行動です。

 
発言とホンネは真逆です。

 
この矛盾に気付かないと、

動きたくても動けないし、

動けないと取り残される不安があって

もがき苦しみます。

 
 
本当は

「やりたい」のではなくて、

「分からないからやってもらいたい」

がホンネに近いと思います。

 
 
ではなぜ

そうストレートに言わないのかというと、

3つ理由があるようです。

 
1つは、

自分でやらないといけないと

思い込んでいるから。

 
2つ目は、

やってもらうとお金がかかるから。

 
3つ目は、

「できません」「分かりません」「知りません」

と言えば

手を差し伸べてもらえる可能性があるからです。

 
「自分で調べたら?」

と返すとなぜか悪者のレッテルを貼られてしまいそうな

風潮があります(笑)

 
 
なんですけどね、

ぜひストレートにリクエストしてみましょう。

 
「分からないからやってもらいたい」

と。

 
料金はその後で交渉です。

分割、成果が出たら払う、バーター

なんて方法だってありますしね。

 
 
ストレートにリクエストして

自分の人生を切り開いていった方が

生きやすくなります。

 
他者と比較したり、

他者の善意をアテにして待っていては、

自分の思い通りになっているようで

結局は他者にコントロールされた人生を

歩んでいるだけですから。

 
これは悲しいですよね。

 
ぜひ主体的にやってみてください!

 
 

あなたは、主体的にリクエストしていますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(一人起業家専門Web集客ドクター 倉林)

 
 

<追伸>

ちなみに、僕は

自分の時間を奪われることが一番苦手なので…、

ストレートに言ってくださると嬉しいです。

 
相談にもコストがかかっていますしね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ