倉林です。

 
 

今日も甥っ子が来ていました。

弟夫婦は不在で(笑)

 
甥っ子が来ると、

一気に家全体が元気になっていいなあ ^^

 
 

さて、

ある女性起業家さんから聞いたのですが、

「子どものいる女性、特に、

シングルマザーは時間の使い方が

極めて上手」

だそうです。

 
自分の自由に使える時間が限られているわりに

やることが膨大で、

テキパキやらないと終わらないからです。

 
もう悩んでいるヒマなんてありません。

 
 
もしもあなたが

「時間の使い方が上手くなりたい!」

と思っているとしたら、

あえて自分の自由に使える時間を

制限してみるとよいかと思います。

 
仮に、

「1日3時間しか動けないとしたら」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

という前提で

1日の時間の使い方を考えてみます。

 
「そんなこと、空想でしょ?」

「現実的じゃないからイメージできない」

と思われるでしょうか?

 
いやいや、

今は全くイメージできないかもしれませんが、

起こりうる状況です。

 
病気になるとか、

家族が入院するとか、

スタッフが急に辞めるとか、

関係者と連絡が取れなくなるとか。

 
こんな状況になったら、

「今のペースでは作業できない…」

「まとまった作業時間なんて確保できない…」

と冷や汗をかくのではないでしょうか?(笑)

 
いざそうなったときのためにも、

「1日3時間しか動けないとしたら」

をあらかじめイメージしておくとよいでしょう。

 
きっと色んな変化が現れます。

 
やらなくていいことはやらなくなる。

成果の上がることに集中するようになる。

集中力が上がる。

テキパキと動くようになる。

時間に正確になる。

計画を立てるようになる。

人のチカラを借りるようになる。

悩む時間がなくなる。

決断が早くなる。

グチを言わなくなる。

適度に休む(いい意味でサボる)ようになる。

自分を自分でもてなすようになる。

これまで穏やかに過ごせたことについて

感謝するようになる。

 
 
「1日3時間しか動けないとしたら」

をイメージする以外にも、

大量の仕事を引き受けてみるのも

よいかと思います。

 
悩む余裕がなくなるので

同じ効果が得られます。

 
 
共通するのは、

自分を追い込んでみる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ということ。

 
決して、追い詰める、ではありません(笑)

やりすぎないように(汗)

 
自分を追い込んでみると

これまでの課題が明確になります。

 
 
そこで

「どうしたら乗り越えられるのか?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

を必死になって考え続けること。

 
これが重要です。

 
この結果得た自分なりの答えは

まさに宝物です。

 
なぜなら、

これまで自分の成長を妨げていたカベを

乗り越えることができる答えだからです。

 
 
一つ気を付けて頂きたいのは、

やりすぎないことです。

 
あまりに追い込みすぎると

プレッシャーに負けてしまい、

周囲にも迷惑をかけることになります。

 
何かあるとすぐに自分や他者のせいにしがちな方は

特に気を付けてみてください。

 
少しずつやったらよいでしょう。

 
 

あなたは、1日3時間しか動けないとしたら

何をやりますか?

 
(そして、何をやらないですか?)

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(一人起業家専門Web集客ドクター 倉林)

 
 

<追伸>

炭水化物を減らして

1ヶ月ちょいで -3.6kgでした。

まだまだ誤差みたいなものですが…(笑)

 
まあでも飲み会が5回あったり

何度か夜遅く食べたこともあったわりには

よくやった!!!

 
あ、炭水化物を減らしたといっても

普通にガッツリ食べています。

ドカ食いがないというだけです ^^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ