倉林です。

 
 

久しぶりに煮卵を作りましたが、

やっぱり自家製はいいなあ。

 
また作ろうっと。

 
 

さて、

今日もまたマンガ『ドラゴン桜』ネタで(笑)

 
ドラゴン桜
http://amzn.to/2zffcmq

 
====================
テストで計算が遅いと

なかなか次の問題に進めずに焦り

ミスが増え…

本当は計算ができないだけなのに

算数が苦手だと思い込んで嫌いになる

 
逆に

計算が速ければ

時間と気持ちに余裕が生まれ

ミスも減る

解ける問題量も増え

点数が良くなって自信がつき

算数が好きになる
====================

 
 
よくありますよね。

 
本当はある一部分だけができないのに、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

全体をまとめて嫌いになってしまいます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
独立した問題に切り分けるのが重要です。

 
 
僕も、走るのが遅くて

体育全般・運動全般が嫌いになりました。

 
子どもの頃の運動会では、

全員が参加するリレーや50m走が

ありましたからね。

 
「どうせビリになるのに」

と思っていたものです。

 
 
そのうち、

カラダを動かすこと全般も嫌いになりました。

登山とかジョギング、マラソンも。

 
実は、

大学に入って一番嬉しかったのは

体育の授業がなくなったことでした(笑)

 
 
もしも走るのが速かったなら

そこまで嫌いにはならなかったと思うんですよ。

 
むしろ好きになっていたかも。

 
子どもの頃って、

「走るのが速い」=「かっこいい」

と無条件で思っていましたしね。

 
きっと前向きに色々な運動にも

チャレンジしていたことでしょう。

 
 
冷静に考えると、

走るのが遅いのと

運動が嫌いになるのは

本当は「独立した問題」なんですけどね。

 
ただ走るのが遅いというだけです。

 
つい一緒くたにしてしまいますが。

 
 
別にね、

好きになるのが正しいことだとは

言いません。

 
ただ、

本当は独立した問題なのに

何となく全体をまとめて嫌いになるのはもったいないです。

 
冷静に過去を振り返ってみて、

「そういえば何があったのか?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

を思い出してみるとよいでしょう。

 
 
本来なら

できるはずなのに

できないと思いこんでいるかもしれませんよ!

 
 
「そういえば何があったのか?」

を思い出してみて、

本当は好きになりたいと思うなら、

またチャレンジしてみればよいと思います。

 
 
嫌いになったこと以外にも、

いったんやってみたけれど止めたことも同じです。

 
例えば、

○○ビジネスから撤退したけれど

改めて冷静に考えると

△△の点が原因だっただけで、

○○ビジネス全体がダメってわけでもない。

 
△△を改善して

再びチャレンジしてみよう!

とね。

 
 

あなたの「そういえば何があったのか?」は何ですか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(一人起業家専門Web集客ドクター 倉林)

 
 

<追伸>

メルマガでマンガを取り上げることが多いので

マンガばっかり読んでいると思われていそうですが、

その通りです(笑)

 
ただし、

作業に集中して

合間にマンガを読んでいます ^^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

「そう考えればいいんだ!」と言われる無料メルマガをやっています。 すごいメルマガ