倉林です。

 
 

今日は東京!

夜は「世界の山ちゃん」に行く予定です。

実は初めて ^^

 
 

さて、

自分の作業を管理するのに、

以前はTODOリストをメインで使っていたのですが

今はあくまで補助的に使っています。

 
今日やることを箇条書きにして

書き出すくらいです。

書かないことも多いです。

 
普段はカレンダーを使っています。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
Googleカレンダーに

作業予定を記入して

時間を先に確保するようにしています。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
他者とのアポイントはカレンダーに

記入する方が多いのですが、

自分とのアポイントも

カレンダーに記入するという考え方です。

 
このようにしてから、

作業が圧倒的に速く終わるようになりました。

 
 
作業能力自体は変わっていません。

 
ただ、

時間の使い方や意識が変わりました。

 
「13時から14時は○○の作業か」

というように

直感的に分かるので、

時間の使い方を普段から

強く意識できるようになったのです。

 
たったこれだけです。

 
 
ちなみに、

いつ何をやるのかは固定しなくてもいいんですよ。

後で変えてもOKです。

 
とりあえずカレンダーに時間枠だけ

先に確保しておきます。

 
作業内容も未定でOK。

作業内容が分からない場合は、

「○○について検討する時間」でもOK。

 
中身はさておき、

とりあえず枠だけ確保しておくのです。

これが本当に重要。

 
何の時間にするのか悩む時間がもったいないです。

 
枠を決めて、その中で悩めばよいと思います。

 
 
TODOリストでは、

作業時間が直感的に分かりにくいし、

つい「正しい優先度を決めよう」

「いつやるかを決めよう」と悩む時間が

二度手間だと思ったのです。

 
効果てきめんでした。

 
 
ポイントは、

あらかじめ時間を確保しておいて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

安易にずらさないということ。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
カレンダーに時間を確保するのは

精神的にはけっこう大きな影響がありますよね。

 
カレンダーに記入すると、

その作業をやるという意思表示ですし、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

計画が自分ごとになります。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
ちょっとした覚悟を求められる感じ(笑)

 
だからカレンダーには

なかなか記入しないわけですが…、

カレンダーに記入していない作業は、

進みません。

 
なぜなら、

やりたくないという意思表示ですから。

 
カレンダーに記入していない作業は

TODOリストに記入したところで

どうせやりません。

 
口約束やメール約束で

「やります」

も当てになりません。

 
カレンダーに記入して初めて

自分ごとになります。

 
と、自分自身やクライアントさんの経験をもとに

断言してしまいます(笑)

 
 
カレンダーに記入したからといって、

やっぱり進まない作業もあります。

 
本当はやりたくない作業です。

 
やる必要がないのなら

止めるのもよいかと思います。

 
どうしてもやる必要があるのなら、

「この作業が終わったら

自分にご褒美をあげよう!」

と自分をのせるのもアリです!

 
 

あなたは、カレンダーにどんな時間を確保しますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(一人起業家専門Web集客ドクター 倉林)

 
 

<追伸>

一時中断していた小冊子を執筆しています。

 
現時点でA4版で60ページを超えています(笑)

これで8割くらいかなあ。

 
いったん書いて出し切った後に

まとめるか削るかする予定です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読