倉林です。

 
 

やっぱり天気がいいと

気分がよくなりますねえ。

 
 

さて、

天気から影響を受けるように、

僕たちは環境に影響を受けています。

 
自分のいるコミュニティや

通勤電車などからも。

 
自覚しているかどうかはさておき。

 
 
ですので、

どうせなら

自分にとって好ましい環境を選ぶ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

のがよいかと思います。

 
そうすれば、

いつも

自分の能力ややる気を底上げしてくれます。

 
 
逆に、

自分にとってあまり好ましくない環境だと

能力ややる気を奪われる感覚になり、

本来の能力ややる気を発揮できません。

 
こう言うと、

「そんなの気にしなければいいじゃん!」

というポジティブな意見もあるでしょうが、

実はこれはポジティブではないと考えています。

 
ただネガティブを見たくないだけです。

 
本当にポジティブなら

ネガティブを否定するのではなく、

広く受け入れることができます。

 
受け入れるとは、

自分の考えを安易に変えるという意味では

ありません。

 
自分とは異なる価値観や意見の存在を

認めることができる、ということです。

 
自分の価値観や意見は持ったままで。

 
 
また、

「あまり好ましくないけど、

反面教師になるからいいかなあ」

「あまり好ましくないけど、

経験を積めるからいいかなあ」

現状をポジティブに捉えることも

あります。

 
考え方を変えるというか、

異なる考え方を選択する手法です。

 
この手法は

なかなか現状を変えるのが難しい場合には

よいと思います。

 
でも、

できることなら

自分にとって好ましい環境を選ぶ

ようにするのがオススメです。

 
なぜなら、

考え方を変えるのには

その都度エネルギーを消費するからです。

 
あまり自覚がなくても、

次第に疲れていきます。

 
本来の能力ややる気を発揮できません。

 
 
それと超重要な問題があります。

 
それは、

「本当に自分が好きなことが分からなくなる」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「行動しなくてもいいと思ってしまう」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ということ。

 
自分にとって好ましくないのになあと思いつつ、

それを考えで強制的に上書きしているわけですから、

「自分が好きなことはできないのだ」

「ガマンして生きていくしかないのだ」

と何度も自分に刷り込み、

無意識に自分を説得しようとします。

 
すると

次第に本当に自分が好きなことが

分からなくなっていきますし、

行動しない自分を正当化するようになります。

 
 
これは本当に気付かぬうちに

進行していくので、

日々自分の感情や考え方を

冷静に観察してみるのがよいでしょう。

 
まずは気付くことから、です。

 
 
なかなか環境をすぐに変えることは

難しいかもしれません。

 
まずは自分がどんな影響を受けたいのか、

自分にとって好ましい環境はどこか、

書き出してみるだけでもOKです!!!

 
 

あなたはどんな影響を受けてみたいですか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(一人起業家専門Web集客ドクター 倉林)

 
 

<追伸>

12時間くらい寝られる環境が欲しい(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読