倉林です。

 
 

昨日、三鷹駅構内で

煮卵入りのおにぎり×2種類を買いました。

 
両方とも美味しかったですよ!

 
店員さんからは

「両方とも煮卵が入っていますが

大丈夫ですか…?」

と心配されましたが(笑)

 
まあそうですよね ^^;

 
 

さて、

能力開発やタイムマネジメント、

マーケティングのセミナーに参加すると、

「ムダなことはやらない」

「成果の出ることをやる」

と言われることがあります。

 
これはごもっともなのですが…、

うまくいっておらず自信がないときには

新しい行動を取れなくなります。

 
「これはムダなのではないか」

「また成果が出ないかもしれない」

と思ってしまって。

 
自分を信じられなくなっているからです。

 
 
こんなふうに思っていては

なかなか行動できませんよね。

 
 
スポーツでも同様に

イップスという現象があります。

 
突然、カラダが動かなくなるのです。

 
マイナスのイメージはあってもよいのですが、

強すぎると

カラダがこわばって動けなくなります。

 
 
「そりゃあ誰が見てもムダでしょ」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「これを外したら成果が出ないでしょ」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

と、

明らかに思うことについては

「ムダなことはやらない」

「成果の出ることをやる」

の通りでよいでしょう。

 
「これはムダなのではないか」

「また成果が出ないかもしれない」

なんて

悩んで動けなくなるのは

本当にもったいないです ^^

 
これこそムダかも。

 
 
とはいったものの、

ムダなのか成果に直結するのか

判断に迷うこともありますよね。

 
こんなとき、

ベストなのは自分で決めること
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

です。

 
「やりたいかどうか」で決めます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
「○○さんが言っているから」

「うまくいっている人がやっているから」

「流行っているから」

のように、

自分ではなく外部要因で決めると

「思ったのと違う…」

と止めてしまいやすいのです。

 
 
ムダなのか成果に直結するのかと、

やりたいかどうかは

厳密に言えば関係ありません。

 
でも、

「やりたいからやっている」ことは

粘り強く頑張れてしまうので

うまくいきやすいのです。

 
 
もしも

やりたいのかどうか自分の本心が

分からない場合は、

「とりあえずやってみる」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

のがオススメです。

 
5分でも10分でも。

 
それでうまくいきそうだとか、

もっとやってみたいとか

思えるようなら、

そのまま続ければOK。

 
 
一見ムダに見えても、

後になって

「これがカギだった!」

と思えることもあるので、

安易にムダだと切り捨てなくても

とりあえずやってみるのもアリです!

 
気楽に ^^

 
 

あなたがムダだと思っていることに

実はどんな価値がありそうですか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(一人起業家専門Web集客ドクター 倉林)

 
 

<追伸>

「さっさと卵の協会を作ってください」

と、ある方から言われました(笑)

 
完全に遊びです ^^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読