倉林です。

 
 

10月26日(木) にWeb集客の勉強会を

開催します!

テーマは「最新のWeb集客」です。

 
http://achievus.appassionato.co.jp/tamagokai

(残席3名です)

 
 

さて、

僕が独立起業して

初年度売上2,000万円から

翌年に10分の1になったとき(泣)

マーケティングを学ぶ必要性を感じて

マーケティング本を読み漁っていました。

 
(初年度は単価の高い下請けをやっていて、

たまたま景気がよかったのです)

 
今ならセミナーに行くところですが、

周りの友人はセミナーに行く人がゼロだったのと

騙されたらどうしようという不安で(笑)

本をメインにインプットしていました。

 
そのときに学んだことをご紹介しますね。

 
特に、

ものづくりをしている方や

職人気質の方には

参考になると思います。

 
 
何かと言うと、

「お客様は商品をどう使うのか?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

(商品の用途)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

を考えるということです。

 
 
商品の説明をするときに、

ついやりがちなのが

商品の仕様(スペック)を

説明してしまうこと。

 
素材、大きさ、重量、製法など

お客様には優先度がかなり低い話を

ドッジボールのように投げつけてしまいます。

 
 
お客様が本当に求める理想のゴールを

提示すればよい、

とよく言われると思いますが…、

なかなかピンと来ない場合もありますよね。

 
僕はそうでした…。

 
また、

売り手側が勝手に

お客様が本当に求める理想のゴールを

想像したとしても、

お客様にはピンと来ないゴールに

なってしまうでしょう。

 
「そんなの求めてないよ!」

と言われそうです。

 
 
慣れないうちは、

「お客様は商品をどう使うのか?」

という商品の用途を考えた方が

説明しやすいでしょう。

 
なぜなら、調査すればよいからです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
例えば、

缶コーヒーを毎朝出社してから飲む

というお客様が多いのなら、

「一日の仕事の前に飲む缶コーヒー」

と説明すればOK。

 
なぜ朝飲むのがよいのか?

は、専門家なら説明できるでしょうし、

お客様から感想をもらってもよいでしょう。

 
 
ペルソナも同じです。

 
慣れないうちはあまり深追いしなくても

よいと思います。

 
「そんな人いないよ!」

という不思議なペルソナが

出来上がってしまいそうですから(笑)

 
 
そうそう。

 
先日見かけて面白いなあと思ったのが、

「ヤフオク」の使い方。

 
たまにしか着ない、

すぐに買い換えなくてはいけない

子ども用の冠婚葬祭の服を

デパートなどで買うのではなくて

ヤフオクで安価にゲットしませんか?

という提案でした。

 
同時に、

着られなくなった子ども用の冠婚葬祭の服を

出品しませんか?

という提案でもあります。

 
超具体的でイメージしやすいですよね。

 
 
このように、

「お客様は商品をどう使うのか?」

具体的な商品の用途を調査して、

提案してみましょう!!!

 
 

あなたの商品をお客様は

どう使っていますか?

 
(そして、他の方に提案しましょう!)

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(一人起業家専門Web集客ドクター 倉林)

 
 

<追伸>

昨日は甥っ子2人とたっぷり遊んだので

元気モリモリです!!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読