倉林です。

 
 

卵かけご飯専用マシンを発見しました(笑)

http://the-tamagoya.com/goods/takara-ultimate-tkg/

 
 

さて、

既にお気付きだと思うのですが、

最近の僕はコンサルタント的な活動よりも

エンジニア的な活動が増えています。

 
コンサルタントは通常

自分で作業をしません。

 
知識を提供したり、

添削やアドバイスをしたり、

質問して気付いてもらうような

関わり方をします。

 
 
エンジニア的というのは、

自分でやってしまうということです。

 
ビジネスとしてはあまりオススメできない、

と色んなところで言われていますよね。

 
時間切り売りでは限界がありますから。

 
 
と、長いこと思い込んできました。

 
全て思い込みですね。

 
言われたことだけをやるなら、

確かに時間切り売りでしょう。

 
ですが、

自動で集客してくれる広告やブログを

自社やお客様のために

作ったとしたら。

 
あるいは、

アメブロのバックアップツールのように

月額課金制のサービスを

作ったとしたら。

 
 
さっさと自分で作ってしまった方が、

早く売上につながります。

 
 
例えば、

最近、

集客のためのブログ記事を作ったときの

お話です。

 
当初は、

自分で書かずに

お客様に書いてもらった原稿を

添削するパターンを考えていました。

 
「まとまった時間を取れないし、

お客様の細かい事情を理解していないからなあ…」

と思いまして。

 
なのですが、

「文章を書くこと自体は僕の方が得意なので、

目次案だけ僕が作ろうかなあ」

と思って、

軽くインタビューをしてみました。

 
すると、

全体像が分かってきたので、

何だか自分で書けそうな気がしてきました(笑)

 
それで、

結局は僕が引き取って、

分からない箇所をインタビューして

全ての文章を書いてしまいましたとさ(笑)

 
勢いで、記事に合った写真も選ぶのも

僕がやりました(笑)

 
 
大変と言えば大変でしたが、

この方が僕に向いていますね。

 
ただし、

この先もずっと自分一人で書き続けるかは

全く分かりませんよ。

 
 
慣れてきたら、

インタビュー内容をまとめたメモを

ライターさんに送って

記事にしてもらい、

後で僕が手直しする、

なんてことになるかもしれません。

 
インタビューから他の方にお願いするかも

しれません。

 
 
コンサルタントだ、エンジニアだ、

と言っていると

この発想にはたどり着きません。

 
 
今回のメルマガで何を言いたいのか?

 
 
「自分でやるのがいい!」

と言いたいわけではありません。

 
世間がどう言っているのかに関係なく、

「やりたいことを自由に貫く!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

のもいいですよ、

と言いたいのです。

 
 
税理士だから、

保険営業だから、

というのも単なる一つの側面にすぎません。

 
ぜひ自由に! ^^

 
 

あなたは、何屋さんですか?

 
(本当にそれだけですか?)

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(一人起業家専門Web集客ドクター 倉林)

 
 

<追伸>

僕が書いた記事がコチラです。

 
====================
未経験の子育てママが40歳で
一念発起してセラピストへ!

そしてサロン開業1年足らずで
事務スタッフを雇用した話

http://nanbakaori.com/school/story01/
====================

 
シェア大歓迎です! \(^o^)/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読