倉林です。

 
 

昨日も卵のお土産を頂きました(笑)

愛されてるわあ…!

http://the-tamagoya.com/shop/baumkuchen-toyonchi-no-tamago/

 
 

さて、

昨夜22時からミーティングをしたのですが(笑)

そのときの内容が

参考なるかと思うので

ご紹介しますね!

 
何かというと、

お客様事例の書き方
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

です。

 
ホームページや商品販売ページなどに

お客様の事例を載せることがありますよね。

 
この商品を使ってみて

どんな変化があったのか?

というビフォーアフターを書いたものです。

 
ここで書くのは、

基本的には見込み客が知りたいこと
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

です。

 
自分が言いたいことばかり書いても

効果はありません。

 
「なんだかウソくさいなあ…」

と思われるのが関の山です。

 
 
昨日のミーティングで話していたのは

次の点です。

 
講座やスクールを運営している方には

参考になるかと。

 
====================
・スクールに通い始めたときの年齢、お住い、職業は?

・どんな悩みを持っていたのか?

・どうしたいと思ったのか?

・どうやってスクールを知ったのか?

・どのくらいの期間スクールで学んだのか?

・どんな人だったのか?

・その期間、どんなトラブルがあったのか?

・それをどうやって乗り越えたのか?

・その後、どのくらいの期間で開業したのか?

・現在はどのくらいの売上を上げているのか?

・お客様からはどんな評判か?

・現在はどんな活躍をしているのか?

・今後はどうしていきたいのか?
====================

 
 
この辺りをインタビューして、

時系列で文章にまとめていくだけです。

 
特に抜けがちなのは

「期間」

です。

 
見込み客にとっては重要な情報ですので

ぜひ入れておきましょう。

 
 
文のつなぎをあまり考えずに書くと

こんな感じです。

 
↓   ↓   ↓

Aさん(40代女性、専業主婦、岐阜県)

 
子どもが幼稚園に通い始めたのを機に、

何か始めたいと思っていた。

そんなときにたまたま当スクールの看板を見て、

体験レッスンに参加された。

 
Aさんは

「私にできるんですか?」

「(技術を)覚えられません!」

とグチを言いながらも

「でもやります!」

と根っこは頑張りやさん。

 
お子さんと一緒に毎週1回のペースで通い続け、

3ヶ月で卒業。

 
その1ヶ月後にサロンを開業。

現在の売上は月商100万円以上。

お客様からは「行くと必ず元気になる♪」

と大人気で、リピート率は90%以上。

初めて予約する方は1ヶ月待ちなんてことも

あるくらい。

 
今後は社員を雇って

さらにサロンを拡大する予定。

↑   ↑   ↑

 
 
お客様事例は5つくらいあるといいでしょう。

 
スクールの内容はよく分からなくても、

「なんかよさそう!」

「私と似てる! 私でも大丈夫かも!」

とイメージしてもらえます。

 
 
単にお客様事例が5つあるだけでは

あまり意味がありません。

 
ぜひ上記のポイントをおさえて

文章を書いて頂ければと思います!

 
 
あ、

あまり載せたくないと思う事例は

載せなくてOKです(笑)

 
 

あなたは、誰にインタビューしてみますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(一人起業家専門Web集客ドクター 倉林)

 
 

<追伸>

今日はカラオケパーティー(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読