倉林です。

 
 

秩父と新宿を行き来していると言うと、

「それはいいなあ〜!」

と言ってくださる方がいます。

 
もうすぐ2年が経ちますが、

メリハリのある感じが好きです ^^

 
 

本文の前に。

 
音声を公開しました!

http://achievus.appassionato.co.jp/2017/08/6808.html

 
 

さて、

ブログのコンサルティングをしていて

何となく感じるのですが、

多くの人が

「正解がある」

と思っているのではないかと。

 
正解があると思っているから、

「私のブログを読んでもらえるのか?」

「○○さんに怒られないか?」

「倉林さんから合格点をもらわないといけない」

と思ってしまいます。

 
万人に通用する正解なんてないんですよ。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
 
僕がコンサルティングで気にしているのは、

「本当に伝えたいメッセージはそれ?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ということ。

 
なぜその観点なのかというと、

お客様が本当に受け取りたいのは、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

あなた自身のメッセージだからです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
他の人がどう言っているかなんて、

どうでもいいのです。

 
他の誰でもなく、

あなた自身のメッセージを受け取りたい。

 
そう思っています。

 
だから、

あなた自身のメッセージを

力強く堂々と発信すればよいのです。

 
 
誰が何と言おうと、

縮こまらなくてもOK。

 
他者から合格点をもらう必要も

ありません。

 
 
もちろん、

合わずに去っていく方もいるでしょう。

 
だからといって、

あなたのメッセージが否定されたわけでは

ありません。

 
ただ合わなかっただけ。

 
評価とは無関係です。

 
 
また、

合わなかったとしても、

やはりあなた自身のメッセージを

受け取りたいと思っています。

 
逆に言うと、

一般論や教科書的知識なんて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

いらないのです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
ウィキペディアではありませんからね。

 
それよりも

あなた自身のメッセージを

受け取りたいと思っています。

 
そうでないと

自分に必要なメッセージなのかどうか

判断できないからです。

 
 
メッセージを発信すると

誰かを傷つけてしまうかも…

と思う方もいるでしょうか。

 
ご安心ください。

 
自分自身のメッセージを発信することと、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

誰かの意見を否定することは
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

全く別の話ですから。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
他の誰かとの比較や批判で論じるのではなく、

あくまで自分自身のメッセージを

発信するだけです。

 
 
ぜひ、

あなた自身のメッセージを

大切にしてくださいね!

 
 

あなたはどんなメッセージに

共感したことがありますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(一人起業家専門Web集客ドクター 倉林)

 
 

<追伸>

新しい「カチッと一票」を自作中。

だいたい完成しています。

来週に公開できるかなあ〜。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読