倉林です。

 
 

昨日のパーティーにて。

 
「くらさん、ビュッフェコーナーに

ゆで卵があったでしょ!?

ちゃんと食べた?」

 
とお声がけ頂きました…(笑)

 
既に2個食べた後でした…(笑)

 
 

さて、

最近は「ゲームの考え方」を使って

お互いに楽しみながら

売上を上げていくという

マーケティング塾に通っています。

 
この塾での学びを

ちょっとだけシェアしますね!

 
すぐに試して頂ける手法です。

 
それは

「表彰」
 ̄ ̄ ̄ ̄

です。

 
例えば、

こんなカタチでの表彰が考えられます。

 
・ブログを書く講座だったら、

 ブログを書いた日数の多い方を表彰。

 
・講座の参加日数の多い方を表彰。

 
・懇親会の参加回数の多い方を表彰。

 
・講師への質問回数の多い方を表彰。

 
・お客様紹介数の多い方を表彰。

 
・全員にそれぞれ異なる「○○賞」を表彰。

 
 
表彰されると嬉しくなって

さらに頑張れるようです。

 
また、

「自分でも表彰してもらえるかも」

と思えたら

頑張れるようです。

 
 
これならすぐにできますよね。

 
どんな賞がいいのか分からないという方は、

「どんな賞をもらったら嬉しいか?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「どんな賞だったら行動したくなるか?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

を聞いてみてもよいでしょう。

 
 
お客様が楽しくなさそう、

お客様が自ら行動しようとしない、

と悩んでいるのなら、

取り入れてみてもよいと思います!

 
 
注意点は、

お客様を自分の思い通りに

コントロールしようとしないこと。

 
楽しんでもらうため、

自ら行動してもらうために

取り入れてみるのはよいのですが、

思ったような効果がなかったとしても

感情的にならないことです。

 
楽しんでもらうため、

自ら行動してもらうために

手を打ったら
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

結果には執着しない
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ことが重要です。

 
 
結果には執着しないことが重要なので、

「あの人ばかり表彰されている」

「あの人は全く表彰されていない」

「あの人に表彰させてあげたい」

なんて気にするのも不要です。

 
余計なお世話です。

 
本当に表彰されたいと思ったなら、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

自分で行動を変えます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
あまり安易に手を出してしまうと、

成長のチャンスを奪うことにも

なりかねないので…、

待つことも求められますね。

 
ぜひ、

卵を温める親鳥のように

信じて待ちましょう! ^^

 
 

あなたのお客様はどんな賞をもらったら

嬉しいでしょうか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(一人起業家専門Web集客ドクター 倉林)

 
 

<追伸>

僕も、1年に1回くらい、

このメルマガへのコメントが多い方を

表彰させて頂こうかなあ…。

 
(現時点では、倉○さんがぶっちぎりの1位です)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう