倉林です。

 
 

かつてよく使っていた、

喫茶店「ルノアール」からお送りしています。

 
無料でWi-Fi、電源を使えるのが

嬉しい限りです!

 
 

さて、

今日はメンターの今井孝さんの

誕生日パーティーでした。

 
あらためて、おめでとうございます!!!

 
平日の日中にも関わらず、

大勢の魅力的な方が集まっていました。

 
ほんと愛される方ですよね…!

 
そんな今井さんのメルマガはこちら:
http://www.carriageway.jp/mailmag/brain.html

(気持ちがラクになり、行動できるようになります)

 
 
今回はそのパーティーの場であった、

面白いエピソードをご紹介しますね。

 
Nさんという男性のお話。

 
Nさんや僕、あわせて5名くらいで

楽しく話していて、

僕が

 
「グアムに行って楽しかったので、

今度はドバイ、ブータン、フィジーに

行こうと思っているんですよ!」

 
と言ったときに、

Nさんがなんだかモジモジしだしたのです(笑)

 
何だろうと思って、

「Nさん、何か(言いたいことがあるの)?」

と振ってみたら、

 
「くらさん、その旅行に必要なものはありませんか?」

 
と質問してきました。

 
「はは〜ん」

鋭い僕にはすぐに分かりました。

 
彼が自分の商品(英語力アップのコンサル)を

紹介しようとしていることが。

 
そこでわざと、

「そうだなあ。

国際マナーをAさんに学ぼうかなあ。

コーディネートはBさんにお願いしようかなあ」

と返したわけですが(笑)

 
ついガマンできずに

「英語(のコンサル)を売りたいんでしょ?(笑)」

と言ってしまいました ^^;

 
周りの人は、

気付いている人もいましたが、

気付いていない人の方が多かったような…。

 
ただ、

共通している点もあって、

それは

「ストレートに売ってくれよ!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

と思っていたということ(笑)

 
ある女性は

「回りくどいよ!」

と叫んでいました…(笑)

 
 
そうなんです。

 
僕たちは全員

「売って欲しい」

と思っていました。

 
必ず買うから売って欲しい、

という意味ではありません。

 
どこが優れているのか、

買うとどうなるのか、

などを

堂々とプレゼンして欲しい、

具体的なところを知りたい、

という意味です。

 
 
もしも

セールスやクロージングが苦手だと

思っている方がいたら、

安心して欲しいと思います。

 
「ストレートに売って欲しい(プレゼンして欲しい)」

と思っている人は

多いのです。

 
もちろん、

出会ってすぐは難しいと思いますよ。

 
そうではなく、

「これは自分の出番だ!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

と確信したのなら、

「私があなたのお役に立てるので

紹介してもいいですか?」

と許可を得てから

堂々とプレゼンすればよいのです。

 
 
また、

プレゼンをしたからといって

必ず買うわけではありません。

 
それでも落ち込む必要はありません。

 
少なからず興味があることは

分かっているのですから、

またどこかでプレゼンすればよいだけです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
 
それでも行動できないと思うなら、

「嫌われたくない…」

という不安を手放し、

「嫌われてもいいんじゃない?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

と軽ーく考えることです。

 
もちろん、

自らすすんで嫌われにいこう

という意味ではありませんよ!(笑)

 
 

あなたは、誰にプレゼンしてみますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(一人起業家専門Web集客ドクター 倉林)

 
 

<追伸>

2010年〜2012年は

よくルノアールを使っていたので、

倉林=ルノアールのイメージだったようです。

 
最近(2014年くらいから)は…

卵のイメージですよね(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう