倉林です。

 
 

今日は群馬県に行ってきます!

色んな人に「神出鬼没ですね」と言われます(笑)

 
今月は他にも

グアムや大阪にも行きますしね ^^;

 
 

本文の前に。

 
僕もお世話になっている、

友人のグラフィックデザイナー・浅井芳美さんが

ランディングページ作りのワークショップを

開催されます!

 
プロに頼むと15万円くらいするランディングページを

自分で作れるようになりますよん。

 
====================
【少人数制】
カンタン!だけど効果は大きい!
数時間でできるランディングページ作り
ワークショップ

https://goo.gl/vbrtK3
====================

 
 

さて、

僕は高校・大学と合唱部に所属していました。

 
合唱をやっていて面白いなあと

感じたことの一つが、

「悲しいときは悲しいと主張する」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ということ。

 
これね、

意識しないとできないんですよ。

 
合唱に慣れていなかったときは、

悲しい曲調のときは

弱々しく歌ってしまいます。

 
合唱ではなく

日常生活でも、

悲しいときには弱々しくなる方が多いですよね。

 
合唱でもそうしてしまいます。

 
 
でもね、

それだと全く伝わりません。

 
そもそも何を歌っているのか

よく聞こえません…(笑)

 
舞台とお客様とに距離がありますし。

 
 
ですので、

「悲しいときは悲しいと主張する」

が合唱では求められます。

 
「私は悲しい…」

と消え入るように歌うよりは、

「私は悲しい…!」

と力強く主張する感じ。

 
ただデカい声を張り上げるわけでは
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ありませんよ。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
これだと

「元気じゃん!」

と伝わってしまいます(笑)

 
ここが難しいところです。

 
 
例えば、

マーラーの「さすらう若人の歌」を

小林研一郎先生(通称コバケン)の

指揮で歌ったときには、

 
「足かせをはめられた囚人が

足をひきずるように」

「髪をかきむしるように」

 
なんて指示が来ました(笑)

 
他にも色々なたとえで指示をされました ^^

 
ただ悲しく歌おうとするよりは、

このような指示の方が

はるかに伝わる表現になりました。

 
「確かに悲しんでいるよね」

と、

考えずに一瞬で分かります。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
言葉では表現しにくいんですけどね、

力強いけれど悲しい感じ。

 
明らかに空気が変わります。

 
 
もし、

「自分の感情が伝わっていない」

「自分の感情を分かってくれない」

と感じているのなら、

 
意識して感情を主張してみる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

のがよいでしょう。

 
分かってもらうのを待つよりも。

 
ただし、

声を張り上げて

感情をそのままぶつけるのは
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

避けた方がよいでしょう。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
これでは相手は攻撃されたように感じて、

離れていきます。

 
…こう書くと

難しく考えがちですが、

ただホンネを分かち合うだけです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
相手をコントロールしようとせずに、

ただ分かち合うだけです。

 
 

あなたは、どうやって感情を主張しますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(一人起業家専門Web集客ドクター 倉林)

 
 

<追伸>

感情を主張するのは僕も課題です ^^;

 
それはいいとして(笑)

群馬でも

おいしい卵料理を探してきますよ!(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読