店員 揉み手

 
 

倉林です。

 
 

クライアントさんから頂いた

目玉焼きクッションですが、

http://achievus.appassionato.co.jp/7vxo

もったいなくてまだ使っていません(笑)

 
たまに眺めて、なでています(笑)

今のところ変化は見られません。

 
 

本文の前に。

 
友人の奥村さんが

新しいビジネスの作り方を無料公開しています。

 
相変わらず目の付けどころがステキだなあ…。

 
====================
粗利80%! 再現性98.1%!
ストック型ビジネス構築術
【検定ビジネスの教科書】
無料オンラインセミナー

http://achievus.appassionato.co.jp/v1nh

※5月20日までの期間限定公開です。
====================

 
 

さて、

「商品やサービスの作り方が分かりません…」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

という相談をよく受けます。

 
個別コンサルティングのときに

一緒に考えてもよいのですが、

まずは自分で自由に考えてもらって

それをたたき台にした方が

ずっといいものが出来上がります。

 
一人だけで熟考する時間は

重要なんです。

 
本人も納得感があります。

 
 
とは言っても、

どう作ったらよいのか

分かりませんよね。

 
 
例えば、

こんな観点で

「料金表」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

を考えてみるとよいでしょう。

 
====================
■料金表の観点

・自分が欲しい金額

・これは安いなあと思う金額

・これくらいもらえたら嬉しいと思う金額

・一人だけ買ってくれたらいいなあと思う金額

・誰が買うの?と思ってしまう金額
====================

 
 
そして、

「この金額ならここまでやってあげたいなあ」

などと内容を書いていきます。

 
この段階では、

誰にも売らないのですから
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

自由に描ききってくださいね。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
 
「お金のことを考えるのは苦手…」

と思う方もいますよね。

 
そんな方はぜひ昨日のメルマガを

読んでみてください。

 
参考:
【すごいメルマガ】意味付けを変えたいことは何ですか?
http://achievus.appassionato.co.jp/2017/05/6468.html

 
 
また、

料金表を作るのは

お金のことを考えるためではありません。

 
あくまで発想のきっかけにすぎません。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
例えば、

「誰が買うの?と思ってしまう金額」

として、

「毎月100万円のコンサルティング」

をとりあえず設定したとしますね。

 
この場合、

「一人起業家さん相手ではなかなか難しいかなあ」

「中小企業の社長さんならアリかなあ」

「社員数は50名くらいだとどうかなあ」

「あ、○○さんがまさにそれだ」

「毎月2回訪問して、1回は社員研修にしたらどうかなあ」

「社員さんの個別相談も受け付けたらどうかなあ」

「社長さんの日報をチェックしてあげたらどうかなあ」

「毎週、紙でレポートを送ったらどうかなあ」

「他に喜ばれることはないかなあ」

「あ、社長さんの旅行の手配とかどうかなあ」

「こうなると一人だけだとキツいなあ。仲間を探そうっと」

など考えが始まります。

 
これが大切なんです!!!

 
 
いきなり料金を決め打ちで作るのは

もったいないので止めてくださいね。

 
可能性を探るためにも、

色んなパターンで作ってみるのがオススメです ^^

 
 

あなたは「誰が買うの?」と思う商品を持っていますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(一人起業家専門Web集客ドクター 倉林)

 
 

<追伸>

僕の場合、

それまで月額10万円が上限だったのが

自由に描くことで

月額30万円・50万円も思い付きました!

 
すぐに実現可能な商品として。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう