倉林です。

 
 

ついに!!!

目玉焼きカフスを注文しました(笑)

http://amzn.to/2qO2HtV

という報告です(笑)

 
 

さて、

今回は「お金を稼ぐ」ことについてです。

 
「お金を稼ぐ」という言葉に抵抗がある方は
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ぜひ読んでみてください。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
昨日買ったある本に、

こんなことが書いてありました。

 
====================
【お金を儲けて、人のために使う】

 
マザー・テレサは、皆さんがよくご存知のとおり、

コルカタ(カルカッタ)の貧民街で、

誰からも手を差しのべてもらえない人たちを受け入れ、

献身的な奉仕を続けてきた素晴らしい女性です。

そのマザー・テレサが、

いつもお金のことを考えていたというのです。

 
意外に思う人もいるかもしれません。

ですが、

多くの人を救うためには、

確かに多くのお金が必要です。

そのため、

彼女はどうすればたくさんのお金を教会に

集められるだろうか、

と考えていたのだそうです。

 
この話を聞いて、

「あぁ、お金のことを考えるのは悪いことではないんだ。

必要なところに使えばいいんだな」

と思えるようになりました。

 
参考:
南泉和尚
『日常の中で悟りをひらく10の徳目』
http://amzn.to/2pgD3hJ
====================

 
 
ちなみに、

南泉和尚は

僕と同じく生まれも育ちも埼玉県秩父市で、

高校の大先輩です。

 
 
実は、、、

「お金を稼ぐ」という言葉自体に
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

善悪はありません。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
ただ、

「お金を稼ぐ」という言葉に対して

自らの価値観や経験による

意味付けをする人がいる、

というだけです。

 
お金で幸せな経験をしたことがあれば

いいイメージで、

悲しい経験をしたことがあれば

よくないイメージで

レッテルを貼ります。

 
 
別にね、

どちらでもいいんですよ。

 
 
それではなぜ南泉和尚の本を

引用したのかというと、

 
「答えは一つだけではなく、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

色んな考え方や選択肢があって、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

自由に選べばいい」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
ということを伝えたいからです。

 
 
別にね、

どちらでもいいんですよ。

 
ただし、

自分の意志で選ぶのがよいでしょう。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
他でもない、

自分の人生ですからね ^^

 
 
「お金を稼ぐ」ということだけではありません。

 
 
「セールス」

「クロージング」

「依頼、お願い」

などの意味付けも、

自分の意志で選ぶのがよいでしょう ^^

 
 

あなたが意味付けを変えたいことは何ですか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(一人起業家専門Web集客ドクター 倉林)

 
 

<追伸>

意味付けを自由に選ぶのに、

一緒に伴走する人が必要かもしれませんよね。

 
そんな存在を僕は目指しています!

 ↓   ↓   ↓

=====================
一人だけで頑張って
誰にも相談できず、
もんもんとしている

セラピスト、カウンセラー、整体師、コーチの女性へ

長年の想いを実現して「笑顔のわたし」になりませんか?

http://the-web-doctor.jp/egaom

※ご友人に紹介頂けますと幸いです m(_ _)m
=====================

※定員オーバーとなった段階で募集を停止予定です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読