赤ちゃん

 
 

倉林です。

 
 

東京の中野あたりで物件を探そうかと画策中。

自炊したい… ^^

 
あ、ちなみに、卵料理だけじゃないですよ?

 
スパイスを買ってきてカレーを作ったり、

豚の角煮を作ったり、

サバの味噌煮を作ったり…、

男の料理ばかりですが ^^;

 
 

さて、

以前に千葉県銚子市で研修をさせて

頂いたことがあります。

 
テーマは

菅原大神(すがわらだいじん)の例祭に

どうやって集客するか、

どうやって盛り上げるか、

ということでした。

 
参考
http://sugawaradaijin.jp

 
 
菅原大神は妊活の聖地として有名で、

年に2回ある例祭には

多くの夫婦が日本全国から参加します。

 
参加者の望みは

「子どもを授かる」こと。

 
例祭以外にも色んなイベントに参加したり、

色々と手をつくしている方が多いようです。

 
例「祭」とありますが、

参加者にとっては

人生を左右する超真剣な儀式です。

 
 
神社には「絵馬」がたくさん飾ってあります。

 
その中にあったある絵馬が

とても印象的でした。

 
 
「子どもがいなくても幸せ!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 でも、もし子どもを授かったなら
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 もっと幸せ!」
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
 
実はこれが本当のゴールなのです。

 
今のままでも幸せだと思える
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「状態」になることです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
 
目に見える分かりやすいカタチとして、

子どもが欲しい。

 
でも、奥には、

親族からことあるごとに質問されることから

解放されたいとか、

子どもができたらダンナとの関係が

よくなるかもしれないとか、

そんな願望があります。

 
本当の意味では、

子どもは直接は関係ないのです。

 
(女性の受講生は皆さんうなずいていました)

 
 
受講生から出た意見が

これまたとても印象的でした。

 
「子どもは生まれる家、親を選んで来る。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 子どもを受け入れる状態ができている
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ところを選んで生まれてくる」
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
「今のままでも幸せ」だと思っている親のところに

子どもが授かるということです。

 
 
子どもが生まれたら〜という考え方ではなく、

子どもがいつ生まれてもいい状態を先に
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

作っておく、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ということです。

 
実に深い…。

 
 
これは、子どもに限った話ではありませんよね。

 
 
自分が得たいと思っているものがあるなら、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

まずはいつ得てもいい状態になること。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
例えば、

人格を磨いておくとか、

人間関係を良好にしておくとか。

 
 
分かりやすいこともあり、

つい「結果」に焦点を当てがちですが、

まず「状態」に焦点を当ててみると、

長期的には幸せになるかと思います ^^

 
 

あなたは、どんな「状態」を作っておいたらよいでしょうか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(一人起業家専門Web集客ドクター 倉林)

 
 

<追伸>

「いま受けてくださっている

 僕のサービスを他の方に紹介するとしたら、

 どう紹介しますか?」

とクライアントさんに質問したとき、

 
「………できれば紹介したくない

 (秘密にしておきたい)というのが本音です…」

と言って頂き、

泣きそうになりました (;_;)

 
でもすみません。

他の方にも売らせて頂きます…(汗)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読