野外でダッチオーブンを楽しむ夫婦

 
 

倉林です。

 
 

今日からまた何日か東京です!

東京に来たときのちょっとした楽しみは

本屋さんに行くことです。

 
その後、

カフェやファミレスに入って

考えるのが好きなんです。

 
 

さて、

現在、何名かのクライアントさんに

「課題」

を出しています。

 
例えば、

「ブログを1記事以上書いてみる」

「1名以上のお客様にインタビューしてみる」

というものです。

 
 
公開するかどうかはさておき、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

とりあえずブログを書いてみたり、

とりあえずインタビューしてみたり、

少しだけでも前向きに行動するのが

進めるためのコツです。

 
 
公開するかどうかはさておき、

というのがポイントです。

 
書いたこともないのに

いきなり完成度を求められたら、

多くの方は書けません(汗)

 
気に入らなければ

そのままお蔵入りにしてもいいわけです。

 
 
まあそんな感じで

気楽に行動するのがコツです。

 
完成度は低くてもOKです。

 
他者からフィードバックをもらって改善
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

すればいいわけですからね。

 
 
あまりにテキトーだと

フィードバックするのに困るでしょうが(笑)

「これが現時点のベストです」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

というものであれば、

完成度は低くてもOKです。

 
 
それに、

書き手本人が「完成度が高い」と思うものは、

多くの場合、

シロウトには難しすぎます…。

 
なので、

気楽にやるのがコツです。

 
 
あんまり悩まなくてもいいんです。

 
ですが、

悩んでもいいんです(笑)

 
ただし、

時間を決めて悩むこと。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
30分だけとか、

今日だけとか。

 
それを超えたら、

いったん課題から離れたり、

誰かにフィードバックをもらったり。

 
(クライアントさんは僕にご連絡ください)

 
 
それでももし

課題が手付かずだったとしたら。

 
正直に言い訳してOKです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
ただし、

他者や環境のせいにはしないことです。

 
これさえ守るなら、

言い訳はOKです。

ぜひ正直に。

 
例えば、

「時間がなかった」

「うまくまとまらなかった」

「モチベーションがわかなかった」

などなど。

 
正直な言い訳をしてくれたなら、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

後はコンサルタントの仕事です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
「もうちょっと具体的に教えてもらえますか?」

と質問して、

本当の課題を見付け、

どうしたらよいのか次の一手を

一緒に考えていくことができます!

 
正直に言い訳してくれないと、

僕たちコンサルタントは何もできないんですよ(笑)

 
 

あなたは、どんな「正直な言い訳」をしますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(一人起業家専門Web集客ドクター 倉林)

 
 

<追伸>

他者や環境のせいにしたり、

表面的な言い訳をした場合には、

やさしくツッコミます(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読