ものづくり大国を支える機械設計

 
 

倉林です。

 
 

今日は久しぶりのボイストレーニングです!

福山雅治さんの歌(「HELLO」)を練習してきます。

全身を使うので、

いい運動になりそうです ^^

 
 

本文の前に。

明日・2月25日(土)にワークショップを開催します。

メルマガ読者の方は特別価格 5,000円 でどうぞ!

(今回は初開催につき、記念の特別価格です)

====================
【残席1名】←少しずつ席が埋まってきています

今日からできる!
バンバンお問い合わせが入る
ブログ・ホームページ作りのポイント
4時間ワークショップ

https://www.facebook.com/events/145263632647696/
====================

 
 

さて、

今回はやさしい心理学のお話。

 
「自分の価値を認めて欲しい」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

という欲求は生まれながらに
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

誰でも持っているものです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
遺伝子から来る欲求です。

 
ですので、

認めて欲しいとか認められたいとか

思うのは正常です。

 
(ただし、「何で認めてくれないの?」

 と言うと人間関係が崩れます)

 
 
この欲求を満たしてあげないと、

つまり、

自分の価値を自分で認められないと

イライラして問題行動を起こしたり

うつ病などの病気になったりします。

 
ですので、

日頃から自分の価値を認められるように

意図して行動する必要があります。

 
 
この欲求を満たすためには、

目標を達成したり、

競争に勝ったり、

1位になったり、

というのが分かりやすいのですが、

それだけではありません。

 
 
他者への貢献を通じても
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

自分の価値を認めることができます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
はい。

目標(数字)や競争がニガテな方は

どうやって他者に貢献するかを考えればOK!

 
 
ポイントは、

次の2点です。

 
====================
・見返りを求めないこと。

・相手がして欲しいことをする。

 (自分がしたいことではなく)
====================

 
 
見返りを求めてしまうと、

人間関係がギクシャクしてしまいます。

 
自分がしたいことを押し付けてしまうと、

これもまた人間関係がギクシャクします。

 
 
あまりアタマで考えすぎない方がよいですね。

 
他者への貢献をしなくてはいけないわけでは

ありませんから。

 
自分に余裕があるときに
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

貢献すればよいのではないかと思いますよ。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
それと、

貢献を必ず受け取る義務もありません。

 
受け取った方がよい、というだけです。

 
 
うまくタイミングが合ったときに

貢献したり

貢献してもらったり。

 
そんな感じの「ゆるい貢献」でよいと思います。

ムリなくできる範囲で ^^

 
 

あなたは、ゆるい貢献をし合っていますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(一人起業家専門Web集客ドクター 倉林)

 
 

<追伸>

25日のワークショップの資料を作成中。

アタマの中にあるものが

少しずつカタチになっていくのは

大好きです ^^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう