今日の夕食レシピは何にしようか?と考える夫婦

 
 

倉林です。

 
 

昨日の研修で僕と一緒に講師を務められた

Mさんの話を久しぶりに聞いて、

そうだよなあ、と。

 
「自分は絶対に正しい、

 相手は間違っている

 という根拠のない思い込み(信仰)を手放す」

 
「自己評価でしか人は変われない。

 他人がいくら説得しても無意味」

 
ちゃんと復習する機会を作らないと(汗)

 
 

さて、

Mさんと一緒に講師をやらせて頂いていて、

数年前を思い出しました。

 
Mさんと出会ったある研修で

アシスタントとして

受講生のサポートをさせて頂いていました。

 
そのときに研修会社から受けた指示に

驚いたものです。

 
(各自が目標設定のワークをしているときの指示)

 
「受講生から目標設定について質問されたら、

 あなたはどう思いますか?
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 と返してください。

 質問にまともに答えてはいけません。

 単なる現実逃避ですから」

 
質問には丁寧に答えるためのアシスタントだと

思っていたのでこれには面食らいました ^^;

 
 
でもね、

今振り返ってみてもこの指示は効果的だったと思います。

 
よかれと思って丁寧に答えた相手(受講生)が、

その後真剣に研修に取り組んだり

目覚ましい成果を上げたかと言えば…、

答えはNOです。

 
むしろ、

「自分で考えるチャンス」

を奪ってしまったような気がします。

 
自分で考えない方へ誘導してしまった気がします。

 
高いお金を払ったのに。

ホントすみません…。

 
 
なぜ、よかれと思って答えてしまったのかと言えば、

完全に僕の自己満足です。

質問に答えたらその場で感謝されますからね ^^;

 
 
だいぶ時間が経ってから

「ああ、答えない方がいいんだ」

と腑に落ちたのですが、

 
質問してきた受講生は

答えが得られないと怒る方もいたでしょうね。

 
「よくなるために来たのに、

 なんで答えてくれないんだ」

と。

 
でも、

本質的・長期的には

「あなたはどう思いますか?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

と返した方が自立・成長していきます。

 
これホント。

 
 

あなたは、質問したり調べたりする前に

いったん自分で考えていますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(メルマガ集客コーチ 倉林)

 
 

<追伸>

Mさんとのダブル講師は今後も続きます。

お客様に本気で向かい合っただけ

自分も成長できるので、

どれだけ成長するのか楽しみ!!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう