woman-1076254_640

 
 

倉林です。

 
 

昨日は大規模な停電がありましたね。

西武線がもろに影響を受けまして…、

帰宅するのに5時間弱かかりました(笑)

(通常は3時間くらい)

 
 

さて、

昨日の続きです。

 
今回で最終回です(笑)

 
先日ある方から相談を頂いたのですが、

Facebookイベントページに「興味あり」を

押してくれた方に対して

「参加されますか?」

と個別メッセージを送るのは

アリなのか、

それともナシなのか、

というお話です。

 
 
参考

http://achievus.appassionato.co.jp/2016/10/5359.html

http://achievus.appassionato.co.jp/2016/10/5363.html

 
 
一昨日は、

個別にメッセージを送るのはアリですが、

なぜ個別メッセージを送ったのか明記すること、

事実をもとに書くことが重要だと書きました。

 
昨日は、

何をして欲しいのかを超具体的に書くことが

重要だと書きました。

 
 
今回は、

3つ目をご紹介します。

 
それは、

相手に選択権・決定権を残す
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ということです。

 
相手を気遣い尊重する、とも言えます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
 
一方的なお願いではなく、

YESかNOかのこちらで勝手に決めた選択肢ではなく、

自由な選択肢があることを示します。

 
例えば、

「ご自身のポリシーがおありかと思います。

 ご迷惑でしたら申し訳ありません」

などと書いておくとか。

 
 
一昨日も書いたように、

興味ありを押したつもりがない場合もあります。

 
なので、こんなふうに書いておくとか。

 
「もしかしたら何かのはずみで

 押してしまったのかもしれませんよね。

 (私もやったことがあります ^^; )

 その際はご容赦ください」

 
 
ちなみに、

僕がFacebook友達申請時のメッセージで

今回ご紹介したような一言を添えたところ、

非常に喜んでくださって

僕のセミナーに参加してくださった方も

数名いらっしゃいます。

 
ご参考まで。

 
あ、やり方をカタチだけマネしないでね(笑)

ご自身がもらって嬉しい

(少なくとも不快でない)

メッセージを送りましょう!!!

 
 

あなたは、相手に選択権・決定権を残していますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(メルマガ集客コーチ 倉林)

 
 

<追伸>

あ、そういえば、

そもそもなぜ個別メッセージを送るのがアリなのか

書いていませんでしたね(汗)

 
本当に興味を持っている方もいて、

他の予定との兼ね合いで

判断を保留したまま

忘れている場合があるからです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読