スケジュール調整中のビジネスマン

 
倉林です。

 
 

こちらのセミナーは今日・明日です!

飛び入り歓迎です ^^

====================
「交流会で名刺交換しても次につながらない…」
「資格やスキルはあるのに顧客を獲得できない…」
「相見積もりや値下げはもうイヤ…」
とお悩みの個人起業家へ

その原因は、
あなたが何の専門家なのかが
一瞬で伝わっていないから
なのかもしれません。

【交流会の名刺交換であなたの魅力を一瞬で伝え、
 見込み客のアタマの中を独占するために
 最も重要な「3つのポイント」】

■日時(4日程とも内容は同じです)
6月24日(金) 19:00 – 21:00
 https://www.facebook.com/events/236382946741383/
6月25日(土) 10:00 – 12:00
 https://www.facebook.com/events/1171547546210512/
====================

 
 

さて、

僕が習慣形成や確実に行動するお手伝いのために

コーチングを始めたときに

すごく戸惑ったことがあります。

 
それは、

「クライアントからの質問に対して、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 どこまで答えたらよいのか?」
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ということです。

 
FacebookやメルマガなどのITについては

得意分野なのでついつい答えたくなります。

それに答えないで何に答えるの?

なんてどこかで思っていました。

 
…なのですが、

安易に答えてしまうと

「じゃあこれは?」

「じゃあこれは?」

と安易な質問が相次ぎます。

 
こちらの自業自得ですね…。

 
 
それで辿り着いたのは、

 
「実際に行動してみて、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 分からなかった点について
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 質問してもらえますか?」
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
と促すことです。

 
 
行動する前に発せられた質問は曖昧です。

するとこちらの回答も曖昧になります。

それではクライアントは満足しませんよね(苦笑)

 
実際に行動してから発せられた質問は具体的です。

こちらの回答も具体的になります。

といいますか、

話を聴いて整理するだけで

クライアント自ら解決して

次の行動を決めていきます。

 
お互いハッピーです ^^

 
 
ぜひ実際に行動した上での質問を

重視しましょう!!!

 
 

あなたは、質問する前にどんなことを

してみたらよいと思いますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(メルマガ集客コーチ 倉林)

 
 

<追伸>

大学時代の僕が映っています。

右の方に。

大学生活の全てをつぎこんでいました(笑)

https://youtu.be/TduCD-k8mn0

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読