paternity-633444_640

 
倉林です。

 
 

先週は忙しかった…。

友人のTVプロデューサーさんから依頼され、

DVDを突貫で制作していたからです。

昨日無事に納品できたのでホッとしております。

 
 

さて、

このプロデューサーさんですが、

テレビ東京の「ガイアの夜明け」などを

手掛ける敏腕プロデューサーです。

 
今回は、

ある学校の校内コンサートを撮影し、

全体をDVDに収める仕事でした。

 
 
ついつい、

セリフをしゃべったり歌を歌っている方を

中心に仕上げたくなるものですが、

それは今回はむしろNG。

 
技術的にはそれほど難しくなかったのですが、

動画制作に慣れていると、

この点が非常に大変でした。

 
 
今回重視したのは次の点です。

「DVDを見るのは親。

 親は自分の子どもが映っているかを気にする」

 
だから、

全員をまんべんなく映すのが最重要で、

喋っていないし歌っていない方をアップにしても

OKなんです。

 
芸術作品に仕上げる必要なんて無いんです。

 
大変勉強になりました。

 
 
より一般化するなら、

「誰が見るのか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 その方はどこを見たいのか?」
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

という視点です。

 
もし自分のこだわりを出すなら、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

その後です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
 

あなたのお客様は何を重視していますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(メルマガ集客コーチ 倉林)

 
 

<追伸>

システムエンジニアをやりつつ

動画制作もやっていたので、

実は動画の撮影・編集もできるんです。

たまにこうやって友人限定で

引き受けています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう