新聞

 
倉林です。

 
 

昨日はダンボール2箱を処分できました!

そんなに中身は入っていなかったので

1つにまとめたりして空き箱を処分したのですが、

気分がスッキリしますね!

 
 

さて、

この1週間はほぼ毎日

Skypeでセッションを行っています。

 
課題は人それぞれ異なるのですが、

僕が共通して意識していることがあります。

 
それは、

「事実はどうなのか?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ということです。

 
例えば、

「○○だと思います」

は事実ではありません。

その人がそう思うだけでして、

他の方が見たらそうは思わないかもしれません。

 
事実は、

「何をやったのか?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「取材されたことは?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「受賞歴はある?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「何年やっている?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「数字で言うとどのくらい変化した?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「お客様は実際に何と言っていた?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

などです。

 
第三者が見ても同じ答えになるのが事実
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

です。

 
 
事実にもとづいて話をすると

スムーズに進みます。

 
逆に、事実でないこと(解釈)にもとづくと

「どうせあなたには分からない…」

といった感情論になってしまって

なかなか進みません。

 
これではお互いの時間を奪ってしまって

もったいないですよね。

 
 
もちろん、

感情(どう感じているのか)は

大切にします。

 
その上で、

事実にもとづいて話しましょう!

 
 

あなたの感じている課題において、

事実はどうなっていますか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(メルマガ集客コーチ 倉林)

 
 

<追伸>

というわけで、

コーチングも提供しております。

====================
個人起業家限定
「オンラインコーチング」プログラム
http://appassionato.co.jp/lp/coaching/
====================

 
色々やっているように見えますが、

根っこは一つでして、

「着実にカタチにしていく」という

設計・計画を提供しているだけなんです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読