ひとしきり泣いたあと、記者の質問に耳をすます男性

 
倉林です。

 
 

近所のスーパーで、ベビーチーズを買ってみました。

スイーツもよいのですが、眠くなってしまうので

タンパク質主体のおやつの方がいいなあと思いまして。

今回は、

レモン&ペッパー入り、マスタード&チョリソー風味、

ゆず胡椒入りの3つを購入。

色々種類があって面白いですね。

全種類コンプリートしたくなります ^^

 
 

本文の前に、ワークショップのご案内です。

 
1日10万円の個別コンサルティングで

提供させて頂いている内容の

エッセンスを公開します!

 
「何から手を付ければいいのか分かった!」

と思って頂けます!

 
====================
【10名まで】
3時間であなたのビジネスの”設計・計画”を
手に入れるワークショップ

2016年4月16日(土) 9:30 – 12:30
https://www.facebook.com/events/883431865099778/

2016年4月18日(月) 14:00 – 17:00
https://www.facebook.com/events/1572453129732974/
====================

 
 

さて、

野球やテニスなど球技をやったことがある方なら、

「ボールをよく見ろ」

と指導された経験があるかと思います。

 
それでできてしまう方はよいのですが、

「言われなくても分かってるよ!」

「そう言われても、何を見たらいいんだよ!」

「見たけど…それが何?」

のように混乱してしまう方もいますよね。

 
 
こんなときどう指導したらよいのかを

ご紹介しますね。

 
シンプルです。

ただ一言質問するだけです。

 
「ボールはどう回転していた?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
こう質問すると、

よーく見るようになります。

 
しかも、返ってくる答えは

方向性が決まってきます。

あまりに自由な回答は減ります。

 
質問された側も、

質問が明確なので

ボールをどういう観点で見ればよいのかが

分かりやすく、回答もしやすいです。

 
 
「ボールはどう回転していた?」

は僕が大好きな質問の一つです。

 
この質問を知って、

質問力を磨きたいなあと思ったものです。

 
 
と書くと、質問力を磨きたくなるかも

しれませんが、

実は

「腹の底ではどう思っているのか?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

がもっと重要です。

 
相手のここがダメだとか、

もっとこうしたらいいのになあとか、

自分ならこうするのになあとか、

そんなことを思っているようだと

効果は薄くなってしまいます。

 
低く評価されているんだなあと

相手は敏感に感じ取りますからね。

 
目の前の相手が120%輝いている状態を

イメージして、

あるいはイメージしようとして、

質問したり、

回答しやすい場を作ったりすると

お互いハッピーになれます!

 
 

あなただったら、相手からどう思われていたら

質問に答えやすいですか?

 
 

それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 

(メルマガ集客コーチ 倉林)

 
 

<追伸>

質問力+あり方を磨きたいなら、

プロのコーチから質問してもらうのがオススメです。

自分がハッと気付いた質問や、

自分の本気スイッチが入る関わり方や、

自分が回答しやすい場作りなど、

自分で気付くことができます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読